令和を生きる女性のシゴト観を考える。男性に求めるのは「3高」から「4低」へ?!

タグ: , , , 2019/10/23

[記事提供:ツナグ働き方研究所(https://tsuna-ken.com/)]

さようなら平成、こんにちは令和

 平成は不景気と災害の時代と評されていました。始まったとたんにバブルがはじけ、阪神大震災やオウムサリン事件、リーマンショック、そして東日本大震災と、確かに暗い出来事の多い時代でした。

令和元年の職場にいる若者を18〜31歳のゆとり世代とくくるならば、彼らはその平成とともに生まれ、不景気の中で子ども時代を過ごした年代です。右肩上がらない国で、将来に不安を感じながら生きる世代といえるでしょう。そういう時代に育ってきた、今の若者を象徴するような価値観をご紹介しましょう。

それは、女性の結婚観です。

・合わせて読みたい→
新人が職場に慣れた、と思ったら辞めた…なぜ最近の若者は突然辞めるのか?(https://cocokara-next.com/motivation/why-recent-young-people-retire/)

世相を反映する結婚観


私が過ごしてきたバブル時代は、「3高」というキーワードがバズっていました。「高身長」「高学歴」「高収入」。まさに、当時のイケイケな世相を反映するような価値観です。高成長期だった当時は、分かりやすく言うと国民全体が上を目指していた時代でした。他人をライバル視して、みんな見栄を張りあっていたというか。自然と、他人よりよい暮らしをするために、お金持ちの「高収入」、他人に威張るための「高学歴」や「高身長」の男性が女性からモテていたのです。

時は過ぎ、リーマンショック、東日本大震災が起きた後の2012年くらいには、婚活女子の結婚観は「3平」へと移行していったとされています。「平均的年収」「平凡な外見」「平穏な性格」の3平。重視するのは年収よりも職業の安定性、かっこよすぎるイケメンは浮気の可能性があるから、見た目も普通でいい、パートナーとケンカをしたくないし、余計なストレスを感じたくないから、結婚するなら、できるだけ平穏な性格がいい。普通、万歳! そんな価値観です。

理想の結婚相手を追い求め続けるよりも、自分の身のまわりにいる平均的な男性と早く結婚して、早く子どもを産みたいという女性が、どんどん増えたのです。せっせと自分磨きに精を出し、キャリアに恋愛に華を咲かせたバブル世代の先輩が、若い頃の理想をいつまでも捨てきれず、婚活に苦戦する様を目の当たりにして、反面教師にしていたのかもしれません。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧