家族がうつになってしまったら・・・

タグ: , , , 2020/1/15

[記事提供:カウンセリングのハートコンシェルジュ(株)(https://www.heartc.com/)]

 カウンセリングオフィスには、うつ・パニック・統合失調症などの障害を抱えた方達だけではなく、その家族の方々も相談に来られます。そして、そうした方々の多くは、障害を持つ家族にどのように対応したらよいのか途方に暮れ、自殺してしまうのではないかと言う恐怖におびえ、疲れ果てています。


精神的な障害の中で最も多く、また自殺の可能性もあるうつに焦点をあて、家族のだれかがうつになった場合の他の家族の関わり方のポイントについて述べていきます。

うつとは、喜びや興味がなくなる、あるいは、気分の落ち込みがあり、1)食欲・体重の変化、2)睡眠の変化、3)精神運動性の活動などの変化、4)気力の減退、5)無価値観や罪責感、6)思考・集中・決断の困難、7)死についての反復思考や自殺念慮・計画・企画などの症状を伴う気分障害と呼ばれる精神疾患の一種です。

気分障害には、うつのみの症状を呈する大うつ病性障害や、気分が異常に高揚する躁状態を伴う、双極性障害などがあります。

うつは、だれもがなりうる精神疾患で、例えば大うつ病性障害の場合、生涯有病率は、女性で10~25%、男性で5~12%と言われます。

・今すぐ読みたい→
うつやパニックになりやすい職場、なりにくい職場をご紹介(https://cocokara-next.com/stress/workplace-that-is-prone-to-depression/)

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧