サムスン電子の経営危機・・・韓国経済に影響を及ぼしている政府と財閥の癒着問題とは

タグ: 2019/10/25

 政府と財閥との癒着による事件が問題となっている韓国。政治スキャンダルが、韓国経済に大きな影響を及ぼしている。巨大財閥サムスンが利益6割減というニュースを紐解きながら、財閥の経営不振と韓国経済の現状を探る。

サムスン電子の経営危機


韓国の主要産業に半導体産業がある。韓国の半導体の輸出は、実に総輸出の約20%を占めているそうだ。米中貿易摩擦の影響で、2018年を機に韓国の半導体の輸出が激減、前年比で3割減となった。その代表企業がサムスン電子である。

サムスン電子は対中の売り上げも激減しており、2019年の上半期の売り上げは、前年同月比で34.9%減を記録した。これにより、かつては好調だったサムスンのスマートフォン事業は2019年内に中国から撤退することが決定。中国は世界最大のスマホ市場であることから、サムスンにとって大きな痛手となった。2018年12月のスマホ事業の営業利益は、2013年の同月比で60%減を記録している。

・合わせて読みたい→
韓国U-18が優勝杯を「踏みつけ」で主催の中国が激怒、現地紙「日本人はゴミを拾う…」(https://cocokara-next.com/stress/korean-football-team-tread-on-a-trophy/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧