韓国ドラッグ汚染「日本で麻薬抜いてくればいい」発言で広がる波紋

タグ: , , 2019/6/23

 人気K-POPグループ「JYJ」のパク・ユチョンが4月末に麻薬使用容疑で逮捕された衝撃が収まらない韓国芸能界が新たなスキャンダルに揺れている。BIGBANGなども所属する大手芸能事務所YGエンターテインメントに所属する「iKON」のリーダーB.I(キム・ハンビン)に麻薬使用疑惑が浮上。B.Iはグループを脱退し、YGとの契約も解消した。そうした中、ドラッグ汚染騒動が日本まで飛び火している。


 B.I問題の端緒となったのが、元YG練習生のハン・ソヒ氏だ。練習生だった2016年にBIGBANGのT.O.Pとともに麻薬使用疑惑で緊急逮捕され、懲役3年執行猶予4年の有罪判決を受けた。逮捕当時、警察当局が携帯電話などを押収。麻薬の売買をめぐるB.Iとのやり取りを把握したが、YGエンターテインメント創業者のヤン・ヒョンソク代表プロデューサーに脅迫されたハン・ソヒ氏は供述を一転させ、B.Iは逮捕を免れた。そうした経緯について、ハン・ソヒ氏が弁護人を通じて国民権益委員会に公益通報したのだ。

 波紋を広げているのが、この通報を機に明らかになったヤン・ヒョンソク代表の発言。パク・ソヒ氏に対し、「うちの事務所のタレントは麻薬検査をしても何も出てこない」「定期的に麻薬検査をしているし、もし麻薬成分が検出されたら、日本に送って成分を抜いてくればいいから問題ない」などと発言していたというのだ。

・合わせて読みたい→
韓国サッカー「優勝杯踏み付け問題」だけじゃない、韓国チームの歴代事件簿(https://cocokara-next.com/stress/korean-football-team-case-file/)

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧