スポーツ界でも日韓対立影響も国内SNSは冷ややか、韓国のやる事に免疫ついた?

2019/8/12

 日韓関係の悪化が、スポーツ界にも影響を及ぼしている。

 8月2日に日本政府が安全保障上の輸出管理で優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外。これに憤慨した韓国は、東京五輪のボイコットを示唆するなど、あからさまな行動を開始。スポーツ界では日本チームとの親善大会や交流試合を次々とキャンセルする事態に発展した。

野球のキャップにも影響?


 カーリングでは、韓国女子2チームが1日から札幌で行われたワールドツアー「どうぎんカーリングクラシック2019」の出場を急きょキャンセル。16日から韓国で開催される韓日中親善大会でも、予定していた日本チームの招待取り消しを決めた。

 バスケットボールにも飛び火した。日本で合宿予定だった韓国のプロ10チーム以上が中止して来日を見合わせ、国内合宿などに切り替えた。女子では、24日から韓国で開催予定だったサマーリーグにおける日本チームの招待を撤回。日本から三菱電機とデンソーが出場予定だった。バレーボールでも同様の動きがある。

 さらに両国の対立が長期化すれば、韓国プロ野球の複数チームが例年沖縄で行う春季キャンプを撤退する可能性がある。

・合わせて読みたい→
韓国U-18が優勝杯を「踏みつけ」で主催の中国が激怒、現地紙「日本人はゴミを拾う…」(https://cocokara-next.com/stress/korean-football-team-tread-on-a-trophy/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧