「板門店宣言」から1年…米朝ソッポ、対日関係悪化で孤立深める文在寅大統領

2019/4/29

 歴史的と騒がれた11年ぶりの南北首脳会談、「朝鮮半島の完全な非核化」を目標に掲げたから板門店宣言から1年。南北軍事境界線にある板門店の韓国側地域で27日に記念行事が行われたが、文在寅大統領すら出席せず、盛り上がりに欠けるものだった。


「統一部が22日に南北共同連絡事務所を通じて北朝鮮に行事計画を通知したものの、特段反応がなかったようです。再び冷え込んできた南北関係を明るみにしたくないのか、統一部は行事に招待したのかどうかも公表していません」(韓国メディア関係者)

 記念行事にビデオメッセージを寄せた文在寅大統領は「時にはゆっくり来る人達を待たなければならない。時には難関の前でしばらく息を整えて共に道を探さなければならない」などとスピーチ。北朝鮮に秋波を送ったが、金正恩朝鮮労働党委員長のイラ立ちは収まっていないようだ。12日の最高人民会議で金正恩委員長は「差し出がましい仲裁者や促進者のフリをするのではなく、民族の利益を擁護する当事者にならなければならない」と文在寅政権を批判。その後、米国に飛んだ文在寅大統領はトランプ大統領に対北経済制裁の一部緩和を直訴するも、一蹴された。板門店宣言のシンボルともいわれる南北連絡事務所はこの2カ月ほど稼働が止まったままで、記念行事前日に予定されていた省庁会議は中止。南北首脳ホットラインは1度も使用されていないという。

 一方、北朝鮮の祖国平和統一委員会は27日、「米国は南朝鮮(韓国)当局に対し、『南北関係が米朝関係より進んではならない』という『速度調節論』で圧迫し、北南関係を制裁・圧力政策に従属させようと策動している」と非難。2月のハノイ会談で米朝協議が物別れに終わって以降、北朝鮮の対米批判はエスカレートする一方だ。

・合わせて読みたい→
支持率低迷 文在寅大統領の悪あがき、米朝からの突き上げでピンチ(https://cocokara-next.com/topic/korea-wicked-play/)

「話題」新着記事

現在投稿記事はありません。

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧