殺菌・防腐効果抜群の万能食品「梅」

タグ: , , 2018/6/10

 6月といえば「梅雨」。これからの時期、気を付けたいのが「食中毒」です。

 食中毒の主な原因は「細菌」「ウィルス」の2つですが、今の時期に原因となるのは主に「細菌」が原因のものです。代表的なものでは、皆さんも良くご存じの「O157」に代表される腸管出血性大腸菌や、サルモネラ菌などです。これらの細菌は人間の体温位の温度で増殖が活発になる特性があり、梅雨時期の湿気も細菌の大好物ですので、気温・湿度共に高くなる6月~8月は食中毒が発生しやすくなるのです。

食中毒予防の3原則


●細菌をつけない
食中毒の原因となる細菌は食材に付着していることがあります。感染を防ぐために、手や指、調理器具をしっかりと消毒、また、食品を分けて保存することなども感染予防に効果的です。

●細菌を増やさない
食材に多少の細菌がついていても、食中毒を起こしてしまう量まで菌量が増えなければ、食中毒は発生しません。細菌は一般的に10℃以下では増殖しづらいと言われていますので、

1.食品の保存は冷蔵庫で行う。
2.調理後は早く食べる。

など心がけましょう。

●細菌を殺す
中毒の原因となる細菌は熱に弱い為、食材を加熱することなどで予防できます。しかし加熱が不十分だと食中細菌を殺す毒菌は生き残り、食中毒の原因となることがありますので、十分加熱するようにしましょう。

食中毒の主な症状
「腹痛」「下痢」「嘔吐」「発熱」
発症するまでの期間も個人差があり、血便や激しい腹痛などがあるときは自己判断せずに病院に行くようにしましょう。

オススメの食材

 今回は『梅』と『紫蘇』のレシピをご紹介します。
 梅も紫蘇も防腐・殺菌効果が高い為、食中毒の予防効果があるだけでなく、胃腸の調子を整える効果も期待できます。寒暖や気圧の差が激しく、体調を崩してしまいがちな梅雨の時期にはおススメの食材です。


「梅」といえば「梅干し」ですね。梅干しは日本の食卓には欠かせない食材ですが、梅の効用はあげるときりがありません。殺菌・抗菌作用、疲労回復、二日酔い予防、抗酸化作用、動脈硬化など生活習慣病の予防等、まさに万能食品です。また、お弁当の白米の上に梅干しをのせるのは、梅干しに含まれるカテキン酸の抗菌・滅菌作用を期待してのことです。消炎機能もある為、整腸作用もあります。

紫蘇(しそ)
紫蘇は大別すると緑色の「青じそ」と紫色の「赤じそ」の2 種類があります。青じそは年間を通して流通していますが、赤じそは6月~8月が旬です。

 しその爽やかな香りは「ぺリアルデヒド」という成分で、防腐・殺菌効果を持ち、食中毒の予防にも役立ちます。お刺身には紫蘇の葉が添えてありますが、この成分によって生魚にあたる事を防ぐ目的があるのです。紫蘇の香りには胃液の分泌を促す作用も有りますので、食欲がない時の食欲増進効果や下痢や腹痛の改善効果も期待できます。

豚肉のソテー 梅肉味
【材料】4人前
豚肉(生姜焼き用)…8枚
酒・醤油…各大さじ2…A
さとう・みりん・醤油…各大さじ2…B
種を取り細かく刻んだ梅干し…4個…B
片栗粉…適量
青じそ…8枚
トマト…1個
オリーブオイル…大さじ2

【作り方】
1.豚肉はA につけて下味をつけておきます。
2.豚肉の汁気をきって、両面に片栗粉をまぶします。
3.フライパンでオリーブオイルを熱して、豚肉を片面ずつ中火で焼きます。
4.こんがり焼けたら一度フライパンから取り出して、フライパンの余分な脂をふき取ります。
5.Bの調味料を混ぜあわせておきます。
6.フライパンを中火にかけて、豚肉を戻してB の調味料をからめてひと煮たちさせます。
7.紫蘇と食べやすく切ったトマト、⑥のお肉をお皿に盛りつけて出来上がり。

 6月は、梅雨入りし、晴れ間が少ないイメージがありますが、紫外線が多くなる季節でもあります。紫外線はシミの原因となるだけでなく、活性酸素を作り出し、体全体の老化の原因にもなります。シミの原因となるメラニン色素の動きを抑えて活性酸素による体へのダメージも最小限に収めるためには、抗酸化作用のある食品がお勧めです。

 抗酸化作用のある栄養素は、色の濃い野菜に多く含まれ、今回付け合せに添えたトマトなど赤い食品には特に多く含まれています。紫外線対策は日焼け止めなどのスキンケアも大切ですが、身体の内側から環境を整える事も重要です。日々の食生活に積極的に旬の食材を取り入れてみてください。

【監修】
スポーツクラブNAS
管理栄養士
市谷 直美

・合わせて読みたい→
食べることを意識すれば、運命はいとも簡単に変わっていく(http://cocokara-next.com/food_and_diet/be-conscious-that-eat-change-the-fate/)

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

関連記事

「フード&ダイエット」新着記事

おすすめコラム

人気タグ一覧