2016年ドラフトで山本由伸よりも高評価だった投手たちの現在地

タグ: , , , 2022/8/7

 現在、「日本最強の投手」と呼んでも、異論は出ないことでしょう。

 昨年25年ぶりのリーグ優勝を牽引し、見事に「投手5冠」に輝いたオリックス・山本由伸投手です。

 最多勝(18)、最優秀防御率(1・39)、最多奪三振(206)、最高勝率(7割8分3厘)、最多完封(4)と異次元の成績。「投手5冠」は2006年のソフトバンク・斉藤和巳以来、史上8人目で、球団史上初の快挙となりました。

【関連記事】楽天西川がまた失態…「ノンテンダー」で戦力外にした日本ハムの経営判断は正しかったのか?

 だがしかし-。

 宮崎・都城高校時代の山本は好投手として名を馳せていましたが、2016年のドラフト会議では全体37番目の指名、オリックスの4位で入団しています。

 つまり他の11球団はあの年のドラフトで3度、山本由伸を指名するチャンスを得ながら、ミスミス逃したことになるのです。

 あの時、由伸を獲れていれば-。そう夢想する11球団のファンも多いことでしょう。それでは山本由伸よりも高評価を得た投手にはどんな名前があったのか、少し意地悪ですが検証してみます。

創価大・田中正義
 昨季は自身プロ入り後最多の18試合に登板し、勝敗なしの1ホールド、防御率2・16とキャリアハイの成績を残しました。あの年の1位では5球団が競合し、ソフトバンク入り。右肩や右肘のけがに悩み、思うような成績を残せていませんが、強いストレートや変化球の切れは文句なし。今後の巻き返しに期待です。





履正社・寺島成輝
 高校時代は甲子園を沸かせた世代最強サウスポー。しかしドラフト1位でヤクルトに入団後は、2020年こそ30試合に登板し、プロ初勝利となる1勝0敗3ホールド、防御率2・48と開花の兆しを見せたものの、チームが優勝の歓喜に沸いた昨季は1軍で1試合の登板にとどまり、本格的なブレイクは持ち越されました。

 本来ならエース左腕になれる逸材。背番号18に恥じない活躍を燕党の誰もが願っています。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧