今季初メジャー「全英AIG女子オープン」渋野、畑岡ら精鋭ぞろいの日本勢に大会直前インタビュー

タグ: , 2020/8/20

 2019年に渋野日向子が日本女子42年ぶりとなる海外メジャー制覇をした大会が、今シーズンのメジャー初戦として無観客大会で開催。2001年からデュモーリエ・クラシックに代わり昇格したメジャー大会。会場は1878年に設立され、スコットランド南西部に位置し、名リンクスとして名高いコース。

大会連覇を狙う、スマイリングシンデレラ渋野日向子、エース畑岡奈紗らを筆頭に、日本勢は総勢7名がメジャー制覇に挑む。

この大一番を目前に控えた日本勢にインタビューを行った。

・今すぐ読みたい→
【アイアンレッスン動画10選】プロが教える脱初心者のアイアン打ち方まとめ https://cocokara-next.com/fitness/golf-how-to-hit-the-iron/





渋野日向子

Getty Images


Q.ディフェンディングチャンピオンとして迎える今大会、今の率直な気持ちをお聞かせください。
「スコティッシュオープン(ASIスコットランド女子オープン)が終わってからは、正直ちょっと不安な気持ちの方が多かったんです。でも、今はこっちに来てみたらすごく楽しみな気持ちが増えて、至る所に自分の顔があるのも面白かったです」

Q.先週は(ご自身にとってLPGAツアー今季)初戦でのチャレンジということでしたが、改めてツアーでラウンドしてみてどう思いましたか?
「やっぱり足りないものを毎回毎回感じさせてくれるのがアメリカツアーだなと。先週は(自分にとってLPGAツアー通算)3戦目、日本で開催されたものを含めたら4戦目でしたけど、それを一番感じたというか。本当何もできない自分がすごい悔しかったので、先週の悪かったところを今週はちょっとでもよくできるように頑張りたいと思います」

Q.新しい見方というかLPGAの壁の高さというのを感じたと思いますが、具体的にどう思いましたか?
「壁の高さは遥か彼方なので果てしないんですけど、まだそこまでの道のりが長いからこそ自分も頑張れますし、まだまだ伸びしろがたくさんあるので、もっとやる気が出た感じです」

Q.今週はブルック・ヘンダーソン(カナダ)と回ることになりますけど、彼女のプレーの印象が何かありましたら教えてください。
「去年の全英の練習ラウンドで一度回らせてもらって、とにかくショットメーカーというイメージがすごくあるので。アメリカツアーで何勝もされているのですごい勉強できるなって思いました」

Q.結構アグレッシブに攻めていくゴルフが渋野選手に似ているなと思いますが。
「そうですね。確かに。あの~、天と地の差がありますけど(笑)」

Q.改めて先週リンクスコースを原っぱ、葉っぱという風に話していましたけれど、今大会の印象を教えてください
「昨日練習ラウンドをさせてもらったんですけど、前回と比べて若干ゴルフしやすいかな、っていう印象があります。風もそんなになくて、雨が降ってグリーンもフェアウェイもちょっと柔らかい状態だったので、そういう印象を受けたのかなって思います。今週はずっと雨っぽいのでグリーンに関しては柔らかいので、ちょっと私らしいゴルフができやすいのかなとは思いましたけど、風がかなりすごいらしいので、そこは気を付けたいなと」

Q.コースに関してはどういった印象ですか?
「フェアウェイバンカーはかなりあるのかなっていう印象だったので、刻む選択肢も入れつつ、ドライバーもかなり飛んでしまうと(バンカーに)入っちゃうというところもあるので、しっかりコントロールするのが必要かなと思います。ラフの長さも曲がってしまえば結構深いところもあったので、そういう所もしっかり気を付けたいです。グリーン周りもちょっと砲台のところもあったので、アプローチも色々バリエーションを増やしてやっていかないといけないと思うので、結構頭を使うゴルフを強いられるなと思います」

Q.先週からリフレッシュの仕方を模索されていると思うのですが、どうですか?
「う~~ん、でもやっぱりここにくると一生に一回あるかないかのディフェンディングの全英女子オープンなので、なんか来ただけでリフレッシュできたというか。その瞬間その瞬間がありがたいというか、こういう機会を与えていただけてすごい嬉しいなというか。この一週間は大切に生きていけたらなと思っているので、そんなにリフレッシュの仕方は考えていなかったですけど、ここに来ただけでリフレッシュできました」

Q.大会の雰囲気もガラっと変わって、メジャーと言うといつも観客の声援とかが後押しするんですけど、無観客という状況の中でどういう風に自分を鼓舞していますか?
「本当に沢山の人に応援して頂けていますし、日本だけではなく世界でもそうやって私を見てくれている人は沢山いると思うので、そういう、見てくれている人たちの為にもやっぱり自分らしいゴルフをして、しっかり笑顔で回って去年とまた違う所を見せつつ去年と変わらないな、っていう所も観てもらえるようなプレーが出来るようにしたいなと思います」

Q.もちろんディフェンディングチャンピオンとして優勝を目指していると思いますが、その辺の意気込みを聞かせて下さい。
「先週(の結果)で若干ちょっと気持ち的に、『う~~ん』って思う所はあるんですけど、やっぱり二連覇できるのは私だけなので、そこはしっかり目指していく中でも、それ以上に大事なことも沢山あるので、頭を使ってゴルフをちゃんとして、それでも笑顔を忘れず、お菓子を食べながら、頑張れたら良いなと思います!」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧