楽天謎指名、巨人抽選15連敗、ビッグダディ・・・2021ドラフト総括

タグ: , 2022/5/4

 サプライズ指名が多かった2021年ドラフト会議。1位を公表したのは2球団だけと予想は難解だったが、フタを開けてみれば、初の公立高バッテリー1位指名、相変わらず抽選に弱い巨人など、笑いあり涙ありと見どころたっぷり。ドラフトを総括し、トピックをまとめてみた。

・今すぐ読みたい→
【関連記事】「あれはストライク」佐々木朗希の“球審問題”に佐藤義則氏が見解!「僕が投手コーチだったら・・・」



◆12球団ドラフト1位選手
(○=抽選当たり、×=抽選外れ)

【西武】
○西日本工大・隅田投手=4球団競合

【巨人】(外れ1位)
×隅田→関西国際大・翁田(おうた)投手

【ヤクルト】(外れ1位)
×隅田→○法大・山下投手=2球団競合

【広島】(外れ外れ1位)
×隅田、×山下→関学大・黒原投手

【DeNA】
○市和歌山・小園投手=2球団競合

【阪神】(外れ1位)
×小園→高知・森木投手

【ロッテ】
市和歌山・松川捕手

【ソフトバンク】
ノースアジア大明桜・風間投手

【オリックス】
東北福祉大・椋木(むくのき)投手

【楽天】
昌平・吉野外野手

【日本ハム】
天理・達投手

【中日】
上武大・ブライト外野手





◆西武ゴッドハンド復活
 1番人気となった西日本工大の左腕・隅田には4球団が競合し、西武が引き当てた。西武の抽選は、いずれも6球団が競合した09年菊池(花巻東)、10年大石(早大)を渡辺GMが連続で引き当てて以来、3連敗中だった。くじ引きを、西武鉄道の元池袋駅長でもある飯田光男常務に託した渡辺GMは「ゴッドハンド!」と大喜び。大仕事をした無名?の「飯田常務」がスポットライトを浴び、ツイッターで一時トレンド入りするほどだった。

◆巨人15連敗
 巨人は1位指名した隅田の4球団による抽選に敗れ、16年から6年連続で失敗。2011年に外れ1位で松本(英明)を引き当ててから11連敗となった。3球団以上の競合では、95年福留(PL学園)を外して以降15連敗となった。悪い流れを変えようと、くじ引きを原監督から今村社長にスイッチしたが、今回も「抽選に弱い巨人」の汚名返上はならなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧