【ドラフト】オリックスのドラフト指名を元ヤクルト編成部長が各球団の評価!「若くて楽しみな選手を上手く取れている」 

タグ: , , , , 2022/10/24

(C)CoCoKARAnext

 名将・野村克也氏の下、ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチを務め、ヤクルトでは編成部長、ファームディレククターなども歴任。選手の目利きに定評のある松井優典氏が、オリックスバファローズのドラフト指名を評価した。

 今月20日のドラフト会議で、オリックスはかねてから公言していた白鴎大・曽谷龍平投手の一本釣りに成功。その他にも育成を含めて、高校生や大学生、独立リーグからバランスよく指名した。

【関連記事】日ハム・近藤の流出が決定的と見られる「理由」 ささやかれる現場との「温度差」とは






 松井氏は、「結構面白いドラフトをしたなと思うのが、オリックスだね」と話し、評価を”A”とした。

 その理由については、「1位で曽谷を取れたのがかなり大きい。重複はしてないけど、即戦力で貴重な左投手。将来性も十分にある」と曽谷投手を単独で1位指名し、交渉権を獲得したことを高く評価した。曽谷投手は最速151キロの直球と、切れ味鋭いスライダーを武器に、3年秋には最多勝、最優秀防御率など5冠を獲得。1年目からの先発ローテーション入りも大いに期待できる。

 また、松井氏は、「若くて将来が楽しみな内野手の日本航空石川の内藤や、盛岡中央高の斎藤などが上手く取れていて、良いなという印象」と、高校通算53本塁打の日本航空石川・内藤鵬内野手、最速152キロを誇る盛岡中央高・斎藤響介投手などポテンシャルの高い高校生2人を指名していることもポイントの高い点として挙げていた。

 山本由伸杉本裕太郎など、下位指名から主力になっている選手が多いオリックス。今年指名された選手も、素質を開花させ、将来の主力選手となることができるのだろうか。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】原巨人 浅野獲りで加速する「追いこまれる選手」とは

【関連記事】日ハム・近藤の「流出」を決定づけた指揮官の「非情発言」とは

【関連記事】【2022年ドラフト総括】クジ運「最弱」岡田監督、意外に低評価だった近江山田、大阪桐蔭で明暗

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧