日ハム・近藤の「流出」を決定づけた指揮官の「非情発言」とは

タグ: , , , , 2022/10/21

(C)CoCoKARAnext

 20日に行われたドラフト会議日本ハムは公言していた日体大の二刀流左腕・矢沢宏太投手(22)の単独1位指名に成功。ほかにも新庄監督がかねてからラブコールを送っていた米国出身の加藤豪将(ごうすけ)内野手(28=メッツ傘下3A)を3位指名、さらに、育成3位で無名の逸材・山口アタル外野手(23=テキサス大タイラー校中退)を指名するなど、サプライズ続出となった。

 早速、ドラ1の矢沢をめぐっては期待の高さを示すように20日に生出演したTBS系「速報ドラフト会議2022 THE運命の1日」の中で新庄監督は来季の外野布陣について「僕の今の頭の中では(右翼)矢沢君、(中堅)五十幡君、(左翼)松本(剛)君」と語るなど、早くもレギュラー候補として矢沢の名前を挙げてみせた。さらに続けて「そこに(割って)入ってくる浅間君、万波君、今川君。悩む、悩む」とチーム構想の一端を明かした。

【関連記事】日ハム・近藤の流出が決定的と見られる「理由」 ささやかれる現場との「温度差」とは






 しかし前出の発言には気になるポイントも。

 「すでに外野手の来季構想の中にFA宣言が確実と見られている主力の近藤選手の名前が含まれていませんでした。指揮官の発言からはすでに『近藤抜き』のチーム構想を固めつつあることが感じられます」(放送関係者)

 今季で球団との3年契約が切れ、7月に海外FA権を取得している日本ハムが誇る安打製造機の近藤健介外野手(29)といえば、通算打率・307と球界屈指のバットコントロールが売り。今季は右脇腹肉離れによる離脱もあり、規定打席に到達しなかったがそれでも99試合に出場し、打率・302、8本塁打、41打点の成績を残した。19、20年に2年連続で最高出塁率のタイトルを獲得するなど、選球眼の良さも知られている。選手会長としてチームのまとめ役を果たすなど、陰での役割も高く評価されている。

 そんな近藤が宣言すれば、安定したパフォーマンスが期待できることから、ソフトバンク、ロッテ、オリックスなども獲得に乗り出すと見られ、西武森友哉に並ぶFA戦線の目玉の一人に挙がっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧