【日本シリーズ】無双エース・山本由伸でも撃沈された「神宮の激ムズマウンド」とは

タグ: , , , 2022/10/23

(C)CoCoKARAnext

 「SMBC日本シリーズ2022」は22日、神宮球場で第1戦が行われオリックスが3ー5でヤクルトに敗れた。オリックスは勝負の第1戦にエース・山本由伸を立てて臨んだが、まさかのアクシデントに見舞われた。

 今季投手4冠と絶対エースに異変が生じたのは5回だった。2ー4と2点を追う5回。先頭のキブレハンに対して3球を投げたところで自ら異変を訴え、マウンドを降りた。

【関連記事】日ハム・近藤の流出が決定的と見られる「理由」 ささやかれる現場との「温度差」とは






 5回途中4失点で緊急降板した山本は試合後、左脇腹につったような感覚をおぼえ大事をとったことを球団を通じて発表した。この試合、初回二死一、二塁からオスナに2点適時打を浴びると、3回には先頭の塩見に左中間へ勝ち越しソロ、4回にも先頭のオスナにソロホームランを被弾と「らしくない姿」を見せていた。

 試合前から危惧されていたポイントではあった。山本は神宮での登板はリリーフだった18年に1イニングを投げただけ。自身は「大きい問題はない」としていたが、この日は開始直後から球が高めに浮き、マウンド上で幾度か首をかしげる場面もあった。

 神宮のマウンドといえば主戦場とするセ・リーグ投手の間でも苦手とする選手は多い。代表的な投手といえば巨人菅野などの名前があがるが、その形状といえば攻略が難しい「激ムズマウンド」として知られている。

 神宮はグラウンド全体が複雑に傾斜しており、マウンドの傾斜が特に急で硬いことで知られる。そのことで「普段は下半身をしっかり使えて投げられている投手も立ち投げのような形になり、どうしても普段使っていない部位に力が入り、故障に結びつきやすい」(放送関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧