【ドラフト】広島のバランスの取れた指名は「とても評価できる」 元ヤクルト編成部長が各球団のドラフト指名を評価!

タグ: , , , , 2022/10/22

(C)CoCoKARAnext

 名将・野村克也氏の下、ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチを務め、ヤクルトでは編成部長、ファームディレククターなども歴任。選手の目利きには定評のある松井優典氏が、広島東洋カープのドラフト指名を評価した。

 今月20日、2022年度のドラフト会議が行われた。広島はかねてから公言していた、苫小牧中央・斉藤優汰投手の一本釣りに成功。190センチの身長から投げる、最速151キロのストレートや多彩な変化球が持ち味の右腕で、将来のエース候補だ。

【関連記事】日ハム・近藤の「流出」を決定づけた指揮官の「非情発言」とは






 松井氏は、広島の評価を”A”とした。その理由については、「1位、2位でポテンシャルのある若い選手を2人取っている。高校生のドラフト1位、斉藤はかなりレベルの高い投手で、将来性はもちろんあるけど、即戦力でもいけるんじゃないかと思う。2位で指名した内田は右の大砲で、将来性もある」と話し、斉藤投手と、利根商高・内田湘大内野手の高校生2人を上位で指名した点を高く評価した。

 また、松井氏は、「広島は大瀬良、森下、九里の3人に続く先発投手がいないということが課題で、全体的に投手の底上げをしないといけない。そういう状況の中で、社会人投手3人を取っている。益田や河野といったレベルの投手がこの順位まで残っていて、指名できたという点は、とても評価できるね」と、ドラフト3位の東京ガス・益田武尚や、ドラフト5位の大阪ガス・河野佳、ドラフト6位のトヨタ自動車・長谷部銀次など、下位で即戦力投手を3人指名することができた点も評価した。

 将来性のある高校生と即戦力投手をバランス良く指名した広島。新井新監督の下、どのような育成と起用がされるのかに注目だ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】「山田と中川なら中川のほうが上」 日本シリーズ展望 球界OBが指摘したヤクルトの「穴」とは

【関連記事】原巨人 浅野獲りで加速する「追いこまれる選手」とは

【関連記事】【ドラフト】高松商・浅野翔吾を引き当てた原巨人は勝ち組?元ヤクルト編成部長が各球団のドラフト指名を評価!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧