【ドラフト】ロッテが指名した「スケールが大きくて将来性がある」高校生内野手とは? 元ヤクルト編成部長が各球団のドラフト指名を評価!

タグ: , , , , 2022/10/24

(C)Getty Images

 名将・野村克也氏の下、ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチを務め、ヤクルトでは編成部長、ファームディレククターなども歴任。選手の目利きに定評のある松井優典氏が、千葉ロッテマリーンズのドラフト指名を評価した。

 今月20日、2022年度のドラフト会議が行われた。ロッテはドラフト会議当日まで非公表を貫き、楽天と競合する形で立大・荘司康誠投手を1位で入札したが、抽選を外した。外れ1位では、専大・菊地吏玖投手を指名。菊池投手は、最速152キロの直球と、ツーシームなどの精度の高い変化球を投げ込む完成度の高い本格派右腕で、先発、中継ぎどちらもこなせることから、即戦力での活躍も大いに期待できる。

【関連記事】「頭でっかちになってる」原巨人、有力OBが指摘した「最弱投手陣」の問題点とは






 ロッテの1位指名について松井氏は、「菊池も良い投手で、荘司の抽選に外れたら、次に彼を指名すると決めていたと思う」と、印象を語った。

 松井氏は、ロッテの評価を”B”とした。その理由については、「ロッテは例年、平沢や安田、藤原と上位でその年ナンバーワンの高校生野手を指名していたが、なかなか育ってきていない現状がある」とした上で、「どうしても遊撃手が補強ポイントだったが、そこを補強しようとする意図が見えなかった。2位で天理大の友杉や、5位で浦和学院の金田を指名しているけど、もっと即戦力で使えるような内野手を指名しても良かったんじゃないかなと思う」と、内野手の指名を指摘した。

 とはいえ、5位で指名した浦和学院・金田優太内野手については、「投手をずっとやっていたので肩が強い。2位の友杉よりはスケールも大きいし、将来性もある」とポテンシャルを評価している。

 近年、正遊撃手の固定ができていないロッテ。2位の友杉内野手や5位の金田内野手がその穴を埋めることができるのだろうか。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】日ハム・近藤の流出が決定的と見られる「理由」 ささやかれる現場との「温度差」とは

【関連記事】原巨人 浅野獲りで加速する「追いこまれる選手」とは

【関連記事】【2022年ドラフト総括】クジ運「最弱」岡田監督、意外に低評価だった近江山田、大阪桐蔭で明暗

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧