2022年「高年俸」侍ジャパン!WBC優勝奪回へ栗山監督は誰を選んで、誰を捨てるのか?

タグ: , , 2022/3/6

 東京五輪で金メダルを獲得した侍ジャパン。次なる目標は2023年3月の第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の頂点だ。

 指揮官も稲葉篤紀監督から、栗山英樹新監督(日本ハム前監督)にバトンタッチ。日本ハム監督時代は二刀流大谷を育て、メジャー流采配も駆使した栗山監督だが、日本代表ではどんな野球を目指すのか。注目の初采配が予定されていた3月5、6日の強化試合・台湾戦は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった。

・今すぐ読みたい→
運命のいたずらか センバツで嫌でも注目を集めてしまう問題の対戦が実現へ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/2022-senbatsu-featured-match-02/


 代表メンバー選考はファンの一大関心事。監督の色が出て、おのずと目指す方向もみえてくる。東京五輪メンバー発表時もSNSでは賛否両論、ファンの間でさまざまな意見が飛び交った。

 シンプルでもっともわかりやすい基準が年俸だ。「プロの評価はお金がすべて」という考えがあるように、活躍して高給取りの実力者を集めれば、一定の納得感はあるはず。ということで、2月のキャンプ終了時点で、日本人メジャーリーガーを除くプロ野球所属の年俸上位選手から選んでみた。

◆2022年「高年俸ジャパン」
(順位は年俸上位のランキング。金額はすべて推定)

【投手】
楽天田中=9億円(1位)
巨人菅野=6億円(3位)
ソフトバンク千賀=6億円(3位)
ソフトバンク森=4.6億円(8位)
オリックス山本=3.7億円(11位)
楽天則本=3億円(13位)
中日大野=3億円(13位)
西武増田=3億円(13位)

【捕手】
ソフトバンク甲斐=2.1億円(27位)
西武森=2.1億円(27位)





【内野】
巨人坂本=6億円(3位)
楽天浅村=5億円(6位)
ヤクルト山田=5億円(6位)
広島菊地=3億円(13位)
巨人岡本=3億円(13位)

【外野】
ソフトバンク柳田=6.2億円(2位)
巨人丸=4.5億円(9位)
オリックス吉田正=4億円(10位)
ヤクルト青木=3.3億円(12位)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧