角界の問題児・阿炎 ガイドライン無視し、キャバクラ通いで強制休場「情状酌量の余地もない。子どもじゃないんだから…」

タグ: , 2020/7/29

 角界の懲りない面々とはこのことか。

 大相撲7月場所(東京・両国国技館)に出場していた東前頭5枚目の阿炎(あび、26歳)が、7日目の25日から「強制休場」させられた。場所前と場所中、他の部屋の幕下力士とともに「夜の店(キャバクラ)」に出入りしていたことが発覚。師匠の錣(しころ)山親方(元関脇・寺尾)が、今場所中の残りの出場を禁じた。

 阿炎は25日に37度6分、幕下力士は37度台の発熱があり、新型コロナウイルスの抗原検査を2度受けた結果、いずれも陰性だった。それでも後日に発症するケースがあるだけに「隔離」されることになった。幕下力士は初日から休場している。

 日本相撲協会は場所前に「基本的に外出禁止。不要不急の外出をしない」などのルールを定めたガイドラインを各部屋に配布。感染対策へ一丸で取り組んでいただけに、芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「情状酌量の余地もない。さんざん何回もやらかして、世の中がどんな状況か考えてほしい。子どもじゃないんだから」と怒りが収まらない。

 実際、阿炎は「何回もやらかしている」お騒がせ男だ。昨年11月には、十両力士の手足、口をテープでしばり、身動きを取れなくした様子を投稿。動画が拡散され、暴力を連想させるとネット上で炎上した。以来、相撲界の個人SNSは全面使用禁止に。力士からの情報発信は好評だったが、ファンとのSNS交流をシャットアウトさせた張本人でもある。

 その一件を発端にSNSのリスクを学ぼうと今年2月、全協会員を対象にしたコンプライアンス研修が行われた。ある意味、阿炎のために設けられたような研修会だったにもかかわらず、終了後に飛び出した言葉は「爆睡してた。寝てたし、何も聞いてねーし」。再び世間から猛バッシングを浴び、協会から度重なる厳重注意を受けた。






・今すぐ読みたい→
無敗の男・那須川天心に堀口恭司「彼が負けるとするならば・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-57/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧