矢野阪神激震! 早くも「レームダック」化か キャンプイン前に「今年で辞める」の無責任発言余波とは

タグ: , , 2022/2/1


 球春到来の明るい話題があふれる中、阪神が一気に不穏なムードに包まれている。

 31日、阪神・矢野燿大監督(53)は今季限りで監督を退任する意向を発表した。昨年はヤクルトをゲーム差なしの2位まで追い詰め、今季こそ悲願の日本一を誓っていたチームに何が起こっているのか。

・今すぐ読みたい→
矢野阪神 「ぬるすぎ」コーチ人事に波紋 期待される「血の入れ替え」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tigers-coach-human-affairs/



 衝撃の発言が飛び出したのは沖縄・恩納村のホテルで行われたキャンプイン前日のミーティング内のこと。矢野監督は、終了後の取材で「今シーズンをもって監督は退任しようと思っている」と言及。選手にもその意向をミーティングで伝えたという。

 キャンプイン前日の表明となった理由については「自分も覚悟をさらに決められる。それがチームのためにも選手のためにも、申し訳ないけど自分のためにもなるのかなという決断で決めたことだったので、選手にはそういう風に伝えさせてもらった」と説明した。

 一方異例のキャンプイン前の退任発言でチーム内に与える影響も危惧されている。

 「まず選手たちですね。正直いって今季限りで退任するという監督の言うことをどこまで聞くのか。監督のラストイヤーを飾ろうと士気を高める場合ももちろんあるだろうが、注目球団の阪神の場合、後任監督候補の名前もシーズン中から飛び交うでしょう。果たして選手たちは野球に集中できるのか」(球界関係者)





 矢野監督が投じた一石により、チームが空中分解に陥ることを心配する声だ。さらにはこんな指摘も。

 「そもそも監督業というのは複数年契約を結んでいても、結果が出ない限りお引き取り願うのが球界のルール。その意味でいえば、矢野監督の単年契約は結果がでなければ退任するということは誰もが分っていたこと。あえて口にする必要があったのか疑問です」(同)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧