岩村明憲が感じた大谷翔平の“変化”とは?今季導入の「大谷ルール」についても言及

タグ: , , , 2022/6/15

二刀流で奮闘する大谷にとって休養は不可欠。岩村氏は首脳陣とコミュニケーションを取る重要性を強調した。(C)Getty Images

 今季も二刀流として活躍するロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平。投手としてここまで10試合に登板し、4勝4敗、防御率3.64。打者としては61試合に出場し、打率.260、13本塁打、37打点をマークしている(日本時間6月15日現在)。

【動画】岩村氏が復調の証だと語った大谷翔平のセンター左へのホームランの映像

 エンゼルスが球団ワースト記録となる14連敗を喫していた際には、投打ともに精彩を欠くシーンも見られた。元メジャーリーガーで現在は独立リーグの福島レッドホープスで球団社長・監督として活躍する岩村明憲氏は、ア・リーグMVPを獲得した昨季からの“変化”についてこう感じているという。

「まずは打球の飛距離が去年とは違いますね。いろいろ言われている中で、少し考え過ぎているのかもしれません」

昨年に比べて飛ばなくなったと言われているメジャー球の影響を指摘。また、岩村氏は「昨年、二刀流でフル回転した疲れが今季の春先、成績が思ったように上がらなかった原因の一つとして考えられます」と“リアル二刀流2年目”の疲労が見られることを挙げた。

 今季から導入された「先発投手兼DH」での出場が可能になる“大谷ルール”について、岩村氏は「それが導入されたことによって疲労は間違いなく増すでしょうね。そこら辺は首脳陣としっかりコミュニケーションをとって、休養を取ることがとても重要です。大谷選手から休養の合図を出すこともあれば、球団から言われることもあると思います」と現地12日(日本時間13日)のメッツ戦に欠場した大谷について言及した。

 昨季の疲れが所々で見られる今季の大谷。しっかりと休養を取り、万全の状態で残りのシーズンに挑みたい。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】新庄ハム トレード相手とささやかれる「あの球団」とは
【関連記事】高津監督が6月と異例の時期に契約延長 すでに退任表明済みの指揮官も、今最もクビが危ないのは…
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧