八重樫東、井上拓真を激励「兄・尚弥とは違ったいいところがある」

タグ: , , , 2019/12/1

 12月23日に横浜アリーナでIBF世界フライ級王者モルティ・ムザラネ戦に挑む、ボクシング元3階級制覇王者の八重樫東。11月7日に行われたWBC世界バンタム級王座統一戦、井上拓真VSノルディ・ウバーリ戦を受けて、後輩井上拓真について語った。

・いますぐ読みたい→
八重樫東が見た、モンスター井上尚弥の覚醒(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/akirayaegashi-talks-naoyainoue-awakening/)

拓真はひと回りもふた回りも成長できた


 相手のウーバーリ選手、強かったですね。やっぱり最初は距離感の取り合いと、プレッシャーをかけられながらも拓真がうまくカウンターを合わせる展開になるかなと思っていました。実際にそのような技術戦になっていましたね。ただ、ウバーリ選手のフィジカルがものすごく強くて、スピード、パワー、やっぱり世界チャンピオンでしたね。拓真のカウンターにカウンターを合わせてきたり、距離感をうまく使った戦い方をしていました。拓真は後手後手にならざるを得ない展開だったのかなと思います。勝負のポイントになったのは、お互いパンチがあまり当たっていなかったですけど、その中でいかに攻めたかというところですかね。そういう点で、ウバーリ選手の方が少し上回ったのかなという感じはして、ポイントが流れていった感はありますね。お互いパンチはもらっていないので、攻撃をしている姿勢、アグレッシブさをジャッジは取ったのかなと思います。拓真は一回ダウンしてしまったけど、持ち直していい勝負をしました。最後の12ラウンド、効かせていたんですけど、もう少し早く効かせたかったですね。そうすれば展開は変わってきたのかなと思います。でも、あの試合で拓真はひと回りもふた回りも成長できたかなと思うので、また必ず復活します。これからの拓真に期待してください。

ウバーリ選手、注目すべき点はフィジカル、あの筋肉量。拓真ももちろんいい体をしていたけれど、それ以上にウバーリ選手の体つきが素晴らしかった。しっかりトレーニングを積んできたという体つき。スピードが速くてパワーもあって技術もあるので、ものすごくいい選手だなという印象を受けました。サウスポーなので、拓真もサウスポー対策をたくさんやってきたんですけど、拓真が想像している以上に速かったんじゃないかなと思いますね。そういう点も踏まえて、ウバーリ選手はすごく強かったですね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧