松坂大輔と井上尚弥の共通点 大橋会長が語る井上尚弥の心技体「カラダ編」

タグ: , , , 2019/5/17

 全スポーツ競技の中で「地球上最強のアスリート」と言っても過言ではないであろう、ボクシング・井上尚弥。今週末、5月18日(現地時間)にはスコットランドでのWBSS準決勝、IBFバンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との一戦を控える。

 実は井上尚弥、2018年は2試合で合計182秒、つまり約3分(1ラウンド分)しかリングに立っていない…。

 2018年10月7日に横浜アリーナで行われたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)のバンタム級初戦では、元WBA世界バンタム級スーパー王者のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦。1分10秒でKO勝利、準決勝進出を決めた。

 1試合さかのぼり、2018年5月25日にはジェイミー・マクドネル(イギリス)とWBA世界バンタム級タイトルをかけて戦い、1分52秒でTKO勝ち。

 強すぎるがゆえに、対戦相手が見つからないと言う悩みがしばらくあったが、WBSSと言う大会のおかげでしばらくは、井上尚弥の試合を楽しむ事ができそうだ。

 スピード、テクニック、パワーと全ての面で周囲が羨むレベルを兼ね備え、リング上で圧倒的なパフォーマンスを披露し続けている。

 その強さの秘密はどこにあるのだろうか。

 井上の所属ジム会長で、現役時代は「100年に1人の天才」と言われた元世界チャンピオン・大橋秀行さんに、「150年に1人の天才」と呼ばれる井上尚弥の心・技・体について語ってもらった。

「ボクサーは足細い方が良い」と言う定説を覆した井上尚弥


 ボクサー・井上として「体の強さを証明するのはどこか?」と聞かれれば、私は真っ先に下半身の強さを挙げます。

 俊敏なフットワークが求められるボクシングにおいて、下半身に筋肉が付きすぎるのは良くないとされ、「足が細い方が良い」といった定説がありました。

 ですが、井上は普段のロードワークに加え、車押しといった下半身を鍛えるメニューを積極的に取り入れています。だから、太ももががっしりしている。にもかかわらず、試合ではスピード感溢れるボクシングを披露してくれているわけです。井上はいわば、肉体的にもボクシングの概念を覆してくれた選手なのです。

 実際、ボクサーにとっても下半身の強さは重要です。力強いパンチを打つためには、やはり強靭な下半身から上半身に効率よく力を伝えなければなりません。

 野球のピッチャーが良い例でしょう。速いボールを投げるためには、腕の力だけではなく下半身の動きも重要になるのと同じです。

・合わせて読みたい→
【特集】地球上で最強のアスリート 井上尚弥(https://cocokara-next.com/feature_archive/naoyainoue-feature/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧