山中慎介が語る井上尚弥の強さ、WBSS準決勝展望

タグ: , , 2019/5/15

 118ポンド(約53.5キロ)をリミットとするバンタム級の世界最強を決めるトーナメント、「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」バンタム級準決勝、WBA王者の井上尚弥(26=大橋)対IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)の王座統一戦が18日(日本時間19日)、イギリスのグラスゴーで行われる。

(C)Getty Images

 バンタム級転向後の2試合で衝撃的な1ラウンドKO勝ちを収めている17戦全勝(15KO)の『モンスター』井上と、19戦全勝(12KO)の『カリブの至宝』ロドリゲス。高い戦闘能力を備えた実力派チャンピオン同士の注目の一戦だ。ハイレベルの攻防が期待されるこの試合を、かつて同じバンタム級で12度の防衛を誇った元WBC王者の山中慎介氏が占った。当日、WOWOWの生中継で現地解説をする予定の山中氏は、「総合力では井上選手が勝るが、ロドリゲスも強い選手なので一瞬も目が離せない試合になる」と話す。

・合わせて読みたい→
【特集】地球上で最強のアスリート 井上尚弥(https://cocokara-next.com/feature_archive/naoyainoue-feature/)

■最高の勝ち方で決勝進出を果たしたドネア


――「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」の意義について、どう思いますか。
山中「現在のボクシング界にはWBA、WBC、IBF、WBOと4団体ありますが、WBSSはそのなかで誰が階級最強なのかを決めるトーナメント戦といっていいでしょうね。世界チャンピオン同士が戦うこともあるので盛り上がりますよね。今回、バンタム級でWBSSが開催されたのは井上選手という実力者がいたからでしょう」

――このイベントが山中さんの現役時代に開催されていれば出場したかったのでは。
山中「僕もチャンピオン同士で統一戦をしたかったのですが、あのころは他の団体のチャンピオンの入れ替わりが激しかったので対戦のタイミングやマッチメークが難しかったみたいですね」

――4月27日にアメリカで行われたWBSS準決勝では、WBA世界バンタム級スーパー・チャンピオンのノニト・ドネア(36=フィリピン)が5位のステファン・ヤング(30=アメリカ)に左フック一発で6回KO勝ちを収めました。
山中「ドネアが最も得意とする左フックは健在でしたね。相手を追い込んだ際に少し力みも感じられましたが、やはりパワーがあります。全盛期と比べると一瞬の動きに多少の遅れを感じたので完全復活とまではいかないかもしれないけれど、底力があるところを見せました。決勝に進む選手の勝ち方としては最高じゃないですかね。『ノニト・ドネア』という世界的な知名度もある選手がああいう勝ち方をすると次も盛り上がるでしょう」

――これは仮定の話になりますが、井上選手が決勝でドネアと戦うことになったとしたら、どんな試合になると思いますか。
山中「ドネア自身も『リスペクトしているナオヤ(井上)と戦いたい』と言っていますからね。長谷川(穂積)さんがフェルナンド・モンティエル(メキシコ)と戦ったときのような、ものすごい緊張感の漂う試合になりそうですね。一撃で終わるようなピリピリした雰囲気の戦いになるでしょう」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧