通算681発のプホルスが現役ラストイヤーに二刀流デビュー 野手の登板は大リーグでは失礼にあたらないのか?

タグ: , , 2022/5/17

通算681本塁打のプホルスが、まさかの投手デビュー。2本塁打を浴びたものの、後続を打ち取って勝利に貢献した。(C)Getty Images


 今季限りでの現役引退を表明している大リーグ・カージナルスの大砲アルバート・プホルス内野手(42)が15日のジャイアンツ戦で二刀流デビューを飾った。「5番・DH」でスタメン出場し、15―2の9回に4番手として救援登板。2者連続で被弾したものの、1イニングを3安打1四球4失点で試合を締めた。

【動画】大打者プホルスの“投手デビュー”にスタジアムは総立ち!最後は内野ゴロに打ち取った「伝説の瞬間」の様子をプレーバック!

 自身通算2988試合目での初マウンドで、42歳110日での投手デビューは近代メジャーといわれる1901年以降では、42歳225日の最年長記録を持つレナ・ブラックバーン(1929年、当時ホワイトソックス)に次いで2番目の記録となった。

 27球を投げて最速は69・6マイル(約112キロ)。山なりのボールで7人の打者と対戦した。2死一、三塁でゴンザレスに3ランを浴び、続くバートにも2者連発となるソロを打たれたものの、最後の打者となったウェイドjrを三塁ゴロに打ち取った。ただし、1イニングで4失点したことで防御率は36・0になってしまった。

 球団公式ツイッターでも「MLBに新たな二刀流選手現る」とつづられ、大リーグ公式サイトによると、プホルスは試合後に「(二刀流の草分けでもある)ベーブ・ルースも僕みたいに最初のイニングで4失点はしなかったと思う」と振り返り、古巣エンゼルスでチームメートだった大谷翔平を引き合いに出し、「もしショウヘイのように100マイル(161キロ)が出せていたら、もうちょっと面白くなっていたと思うね」とにやけた。





 球団本拠地セントルイスの地元放送局KSDKKによると、プホルス本人が登板に至ったいきさつについて「(指揮官が次に投げる)投手を探していたようなので、『僕がやるよ、何か?』と言ったんだ。夢がかなったよ。2発やられたのは面白くないけどね」と明かした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧