大谷翔平、5試合連続安打も連敗は「14」に。本人も知らぬ間の登場曲変更も奏功せず

タグ: , , 2022/6/9

5試合連続安打を放ったものの、チームは1点も奪えずに敗れた。(C)Getty Images

 現地時間6月9日、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、ホームのエンゼル・スタジアムで行われたボストン・レッドソックス戦に「1番・DH」で先発出場。第1打席は空振り三振、第2打席はサードゴロ、第3打席はライト前ヒット、第4打席は空振り三振と、4打数1安打に終わった。試合は0-1でエンゼルスが敗れている。

【フォトギャラリー】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

 エンゼルスは球団ワーストの連敗という泥沼状態を重く見て、大谷の飛躍を支えてきたジョー・マドン監督を解任し、フィル・ネビン監督代行に舵取りを任せた。この日は、なんとか負の連鎖を止めようと、サプライズで全選手の登場曲を変更。大谷が打席に向かう時には、カナダ出身の人気ロックバンド『NIickleback』の『photograph』が流れており、『FOX SPORTS』が大谷の登場シーンを動画付きで紹介している。

 そんな大谷は第3打席、2球目の直球を振りぬくと、1・2塁間を一人増やす“大谷シフト”を敷いたレッドソックス内野陣の間を鮮やかに抜くライト前ヒットで出塁。これで大谷は5試合連続安打を記録した。

 それでも得点はできず、第4打席は徹底した変化球責めに苦しみ、空振り三振。エンゼルスは無得点に終わり14連敗を喫した。

 登場曲をサプライズで変更するなど、あらゆる手段で悪い流れを変えようとしたエンゼルスだったが、その努力も報われず悪夢の14連敗となってしまった。明日は大谷が先発予定。この長い悪夢に終止符を打つヒーローとなることを期待したい。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】原巨人 赤っ恥!1安打完封負けで期待される「あの救世主」の存在とは
【関連記事】「待ってました!」話題のきつねダンス再開で悩殺された「あの選手」とは
【フォトギャラリー】「虎柄の大胆衣装」や「プリンセスコーデ」に「私服姿」も!世界を魅了するアリーナ・ザギトワの厳選フォトをお届け!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧