球宴先発左腕に衝撃のがんの疑い、克服してきたアスリートたちも多数

タグ: , , , , , , 2022/8/5

 ショッキングなニュースが球界を駆け巡った。ソフトバンクは3日、大関友久投手が左精巣がんの疑いで2日に左睾丸を摘出する手術を受けたと発表した。

【関連記事】「厳しく言えば能力で抑えてるだけ」大谷翔平が104年ぶり偉業を逃した要因は?”日本一の投手コーチ”佐藤義則が徹底分析!「遊び球がないので幅がない」






 「がん」という重たすぎる2文字。摘出手術は無事成功したというが、復帰時期は未定という。幸いなところ、現時点では転移は確認されていない。

 仙台大から2019年の育成ドラフト2位で指名された大関は、サクセスストーリーの最中にいた。昨年5月に支配下選手へと昇格。今季は田中正義ら主力投手の故障で開幕ローテーションの座をつかむと、ここまでリーグトップタイの2完封を挙げるなど、18試合で6勝6敗、防御率3・01の好成績をマーク。V奪回を掲げるソフトバンクの投手陣にとってなくてはならない存在に成長した。

 7月26日に本拠地ペイペイドームで行われたオールスター戦第1戦では、初選出にも関わらずご当地選手としてオール・パシフィック・リーグの先発投手を務めたほど。育成契約からの叩き上げでもあり、ついに花開いた苦労人には多くのファンが勇気づけられてきた。

 そこにまさかの「がん」である。患部にしこりを感じた大関が泌尿器科を受診し、腫瘍がみつかった。首位から陥落してしまったチームにとっても大きな痛手ではあるが、藤本博史監督は「早く見つかって良かったし、早く復帰できるように願うばかり。本人が一番つらいだろうし。痛いけど、みんなが頑張ってくれる」と話した。

 球界にも精巣がんを患った投手がいる。佐野商業高から1992年ドラフト5位で横浜に指名された戸叶尚。オリックス、楽天と渡り歩き、2006年の夏に患部の異常を検査したところ、精巣がんと診断された。大関と同様に睾丸の摘出手術を受けて無事に成功。約1カ月後には練習復帰を果たした。残念ながらこのシーズン限りで戦力外通告を受けたが、その後も野球解説者などで活躍した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧