F1新規参入のアウディがパートナーにザウバーを指名 2026年から参戦開始

タグ: , , , , 2022/10/28

アウディのカラーリングのF1カー(アウディ提供)

 ドイツの自動車メーカー・アウディが26日、2026年からワークスチームとしてザウバーとタッグを組むことで合意したと発表した。8月にパワーユニット(PU)サプライヤーとして次世代PUに移行するのを機に新規参入することを表明していたが、パートナーを組むチームについてはこれまで明らかにしていなかった。

 ザウバーは今季、イタリア車のアルファロメオのブランド名で参戦しているが、アルファロメオがワークス活動をしているわけではなく。実質的にはネーミングライツ契約を結んでいるだけ。2023年で両者の提携は終了することになっており、アウディはザウバーのチーム株式を取得し、ファクトリーチームに模様替えしていく方針だ。24、25年についてはザウバーのチーム名で活動し、今季と同様にフェラーリ製のPUを使用していくとみられている。

【関連記事】角田裕毅が来季もアルファタウリに残留 日本人F1選手に立ちはだかる3年目の壁を突破






 アウディの取締役でF1プログラムを担当するオリバー・ホフマン氏は「壮大なF1プロジェクトのために経験が豊富で有能なチームと組むことができたことは喜ばしい」とコメント。ザウバーのフレデリック・バスール代表も「アウディのワークスチームとなることは誇りであり、大きな責任も担うことになる。将来への最良の選択肢だ」と歓迎した。

 アウディがF1に参入するのは初めて。これまではルマン24時間や独DTMなどでワークス活動を続け、電動車のフォーミュラEにもワークスチームとして参入したが、2021年までで活動を終了。F1プロジェクトに一本化する体制に切り替えた。

 一方のザウバーはスイスに本拠地を置くチームで1993年にF1に初参戦した。草創期はメルセデスからエンジン供給を受け、その後はフェラーリ製エンジンを独自改良し、「ペトロナス」のエンジン名で使用。2006~09年にはBMWの準ワークスチームとしてBMWザウバーのチーム名で参戦したこともあった。19年にアルファロメオと提携する直前にはホンダのパワーユニットを積むことでいったんは合意に達したが、最終的に契約は成立に至らなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧