元4連覇王者のベッテルが今季限りでのF1引退を表明 実は名前の発音は「ベッテル」じゃない説!?

タグ: , , , 2022/7/29

今季限りでのF1引退を表明したベッテル(アストンマーティン提供)

 F1で4度の世界チャンピオンに輝いたセバスチャン・ベッテル(35)が28日、今季限りで現役を引退することを表明した。これまで自身のSNSを設けていなかったが、引退の発表に合わせてインスタグラムのアカウントを取得し、「僕は2022年シーズンを最後にF1から引退することを発表する。今は、多くのの人たちに感謝することから始めるべきだろう」。モノクロの動画を通じて自身の重要な決断を発表した。

【関連記事】「羽生結弦引退報道」はなぜ人々の怒りを買ったのか 再考を迫られるマスコミ界






 2007年にBMWザウバーでF1デビューし、今季で16年目。レッドブル・ルノー時代の2010~13年にはシリーズ4連覇を飾るなど歴代3位の53勝をマークしている。

 ただし、フェラーリに在籍していた19年のシンガポールGPを最後に白星がなく、同チームで稼働した6年間では17、18年の年間2位が最高位。フェラーリの黄金時代を築いたドイツ人の先輩、ミハエル・シューマッハーのように優勝請負人として期待がかけられたが、タイトルを取ることができなかった。

 ところで、日本では「ベッテル」の表記が主流だが、ドイツ語では「フェテル」と実は発音する。これは日本のテレビ局がデビュー時に「ベッテル」の表記にしたことに起因しているといわれる。ただし、新聞メディアなどにニュースを配信する共同通信社は「フェテル」にしており、動画配信サイトの「ダゾーン」のF1中継で実況を務めるドイツ出身のラジオDJ、サッシャも「フェテル」をあえて使っている。

 F1ドライバーの表記で実際の発音と異なる例としては「バリチェロ」と「クルサード」がよく挙げられる。バリチェロはブラジル出身で実際の発音は「バリケロ」に近く、英スコットランド出身のクルサードも母国では「クルタード」と呼ばれる。現役ではマクラーレンのリカルド。イタリア系オーストラリア人で実際はイタリア語読みの「リチャルド」を名乗っていたという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧