今オフFAの超目玉!西武・森友哉を巡り巨人と阪神「伝統の一戦」勃発か

タグ: , , , 2022/7/29

 その打棒に各球団の編成担当から、熱視線が注がれています。

 今季、国内FA権を取得する見込みの西武・森友哉捕手です。強打が売りの「打てる捕手」は開幕直後、ロッカールームでキャッチャーマスクを投げた動作が骨折につながり、右手人さし指の「基節骨骨折」で登録抹消。大幅に出遅れる事態となりました。

【関連記事】セ界1強のヤクルトはいかにして「平成史上最悪のドラフト」を克服したのか






 しかし、7月は17試合に出場し、65打数22安打の打率3割3分8厘と調子を上げ、好調のライオンズを攻守で牽引しています。

 スポーツ紙のデスクはこう言います。

 「親会社の西武ホールディングスはコロナ禍で業績が厳しく、球団も観客動員は苦戦している。『マネーゲームには加わらない』という堅実経営が一貫したポリシーです。森自身も昨年の契約更改で単年契約を結んでおり、他球団の話を聞いてみたいというのが自然な流れでしょう。となれば、自ずとあの人気2球団が名乗りを挙げることが予想されます」

 まずは巨人。その背景を前述のデスクはこう分析します。

 「巨人は阿部慎之助が引退して以降、捕手がウィークポイントになっています。守備力では小林誠司という12球団屈指の強肩捕手がいますが、今季もここまで打率1割3分2厘と打てない。『打てる捕手』として期待されていた大城卓三ですが、打率2割3分4厘とそれほどではなく、今季の投手陣のチーム防御率は12球団ワーストの4・09であることから、リード面についても『さすがに厳しいのでは』と囁かれているのです」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧