球宴で連日大活躍の清宮幸太郎 その裏で中嶋監督が魅せた「粋な計らい」とは

タグ: , , , 2022/7/28

 連日大盛り上がりで幕を閉じたマイナビオールスターゲーム2022。

今年、様々な場面で総じて話題をさらったのは、日本ハム・清宮幸太郎だろう。

第1戦のホームランダービーで務めた柳田相手の「打撃投手」に始まり、試合を決めた劇的なサヨナラホームラン。

【関連記事】日ハム・清宮 劇的サヨナラ弾の裏に「師匠」に漏らしていた「不安の言葉」とは






 第2戦では「1番・サード」というサプライズスタメンで登場すると、その後ファースト→レフトとポジションを転々。レフトの守備に就いた際には、全セ・牧が放ったレフトフェンスギリギリのあたりをキャッチするファインプレーをみせるなど、攻守にわたって存在感を放ってみせた。

 そんな清宮だが、この大活躍の裏には、全パ・中嶋監督のある「粋な計らい」があったのではとファンの間で話題となっている。

 実は今回、チームメイトの松本剛、野村佑希もこのオールスターゲームに出場予定だったが、松本は負傷のため、野村は新型コロナウイルス感染のため辞退を余儀なくされていた。

 今回清宮が守ったサードは、日本ハムでは野村が、レフトは松本が守ることが多いポジションだった。打順に注目をしてみても、「1番」というのは今季松本が主に入っていたところだ。

 そんな出場できなかったチームメイトの代わりに、サード、レフトどちらも守備に就き、打者としても第1戦はサヨナラ本塁打、2戦目では1番打者として、初回にヒットを放つなど攻守ともに圧倒的な存在感を見せ、日本ハムファンを喜ばせていたのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧