【後半戦展望】最下位立浪中日に影を落とす「育てきれない理由」とは

タグ: , , , 2022/7/27

 立て直しが期待された立浪監督率いる中日が振るわない。

 前半戦は89試合を戦い、38勝50敗1分けの借金「12」、首位ヤクルトとは17ゲーム差をつけられ、最下位に沈んでいる。25日にオーナー報告を行った立浪監督は「与えられた選手の能力を自分が引き出せていないのがこの成績につながっている」と自身の責任を認め、後半戦の巻返しを誓った。

【関連記事】現役ドラフト実施濃厚で早くもささやかれる「選手の名前」とは






 課題は明確だ。チーム得点、本塁打ともにリーグワーストの256得点、46本塁打。近年のチーム課題である投高打低の傾向をいかに克服していくかが求められている。前半戦は4番ビシエドの不振、期待の若手、石川昂の負傷など不測の事態も起こったが、チームに影を落としたのは、シーズン途中に起きた、コーチ入れ替え人事にもあった。

 交流戦前日の5月23日に突如発表されたのは中村紀洋1軍打撃コーチと波留敏夫2軍打撃コーチの入れ替えだった。チームは交流戦直前の試合を5連敗で終了していた。

 この人事について立浪監督は自身の判断だとし、理由については多く語っていない。一説には、選手の指導法をめぐってぶつかったということもいわれている。

 また昇格した波留コーチが注目を集めたのは、試合中のこんな発言にもあった。6月12日の日本ハム戦。ふがいない打線を叱咤する意味もあったのか、5回の攻撃が始まる前に円陣内で「目覚ませ!いつまで甘えてやってんねん野球!」怒声交じりの猛ゲキを飛ばした。その様子がテレビ中継に映し出され、あっという間にSNSを中心に拡散したのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧