「羽生結弦引退報道」はなぜ人々の怒りを買ったのか 再考を迫られるマスコミ界

タグ: , , 2022/7/28

(C)Getty Images

 7月18日のことでした。羽生結弦のマネジメント会社からの一報に、スポーツマスコミは騒然となりました。そこには羽生が7月19日午後5時から記者会見を開くこと、そして「決意表明の場」であることが記されていたからです。

【関連記事】羽生結弦、プロ転向でさらに際立つ存在感 スポーツメディアの「救世主」である理由






 羽生は2月の北京五輪を終えてから、自身の進退について明言する機会がありませんでした。いったいどんな会見になるのか。人々の興味が注がれました。

 そして日付けも変わって19日の午前3時。日刊スポーツがこのようなスクープ記事を配信したのです。

 「羽生結弦引退 伝説残しプロ転向、アイスショー創設の夢も 19日会見で決意表明」

 当日の朝刊は一面トップです。スポーツ紙のデスクが、その背景をこう解説します。

 「午前3時に配信したのは、ライバル紙の輪転機が止まり、もう追いかけられない時間だから。日刊さんが自信を持って放ったスクープと言えるでしょう。午前3時配信の独自ダネとなれば、翌朝の通勤時間帯のヤフートピックスにも採用され、爆発的なPVを稼げる。羽生クラスの進退を『1紙抜き』するなんて、今後20年、社内で自慢できる栄冠でしょうからね」

 しかし--。このスクープは世間で強く非難を受けることになります。

 ネットニュースの編集者は指摘します。

 「せっかく羽生が会見で表明すると宣言しているのに、なぜ彼の肉声を待たずに報じてしまうのか--という声がSNS上に飛び交う事態となったのです。羽生を愛する人々の間ではかなり強い言葉で、この報道を批判する声も上がりました」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧