「巨人戦中止」が球界OBからも批判を集める「理由」とは

タグ: , , 2022/7/29

 注目を集めていた巨人戦が再開延期となった。プロ野球12球団による臨時の実行委員会が28日にオンラインで行われ、29・30日のDeNA・巨人戦(横浜)の延期が決まった。これでコロナ関連で巨人戦が延期となったのは、前半戦最終カードの中日3連戦(バンテリンD)を含め、計5試合となる。 

【関連記事】今オフFAの超目玉!西武・森友哉を巡り巨人と阪神「伝統の一戦」勃発か






 巨人側から感染状況、チーム編成についての説明があり、新型コロナウイルスの陽性者、ケガでの長期離脱選手を除くと、支配下で出場できる野手は10人(捕手2人、内野手3人、外野手5人)のみということから延期が決定した。日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は「試合中にケガなどが発生した場合、試合中に内野手がケガで離脱した場合、その時点で試合続行が不可能になるリスクがある」と理由を説明した。

 巨人側も打つ手は打った。後半戦開幕前日の28日には育成内野手の勝俣を支配下登録するなど、何とか試合を行えるよう策は取ったが、苦しい状況が続いている。

 一方で球界をまん延しているコロナ禍において、どう公式戦を進めていくのかについては球界OBからも意見が相次いでいる。

 元巨人で大リーグでも活躍した上原浩治氏は24日に出演した「サンデーモーニング」(TBS系)内で、現在、各チームでコロナ陽性者が相次いでいることを受け、「12球団ちゃんとしたルール作るべきだと思うんですよね。1軍選手で何人出れば、もう全部中止にしてっていう風に。やっぱり平等性に欠けますよね」と、指摘した。

 コロナ陽性者が多数出たヤクルトではコロナにより2試合が中止となった上で、その後は公式戦を続行。主砲・村上が気を吐いたが、チームは6連敗を強いられるなど、チーム編成に苦労した経緯がある。同じく陽性者が続出している日本ハムでも29日、新たに外野手の浅間、内野手の難波の陽性が発覚。28日にも中継ぎの堀ら4選手が陽性判定を受けており、これで陽性者が計44人となった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧