田口麗斗と広岡大志の電撃トレードが異例のタイミングで発表された理由とは

タグ: , 2021/3/3

 一体何が起きたというのか。巨人とヤクルトが1日、田口麗斗投手と広岡大志内野手の交換トレードに合意し、発表された。春季キャンプを打ち上げたその当日。しかも同一リーグ内でのトレードということで、球界関係者がざわついた。

・今すぐ読みたい→
「異例」のトレードの狙いとは 阪神が巨人から山本泰寛を獲得 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/unusual-trade/



 両球団間でのトレードは1977年以来、44年ぶりとなった。加えてキャンプではサインプレーなど、チーム内の機密事項を入念に打ち合わせた直後。ポジションこそ違えど、そのタイミングで同一リーグのライバル球団へ移籍する。極めて異例のタイミングといえた。

 田口は広島新庄高から2014年にドラフト3位で巨人に入団。2016年に10勝、2017年に13勝を挙げた。近年では中継ぎが主戦場に。先発もロングリリーフもこなす実力派左腕として、将来が期待されていた。

 対する広岡は入団早々から近未来の4番候補と目されていた。高校は智弁学園で、巨人の岡本和の1学年後輩。2016年にドラフト2位でヤクルトへ入団し、2019年には10本塁打を放った。身長183cmでまさに大型ショートという形容詞がピタリ当てはまるスター候補だった。





 未来の明るい若手同士の、異例のタイミング、条件でのトレード。この事態を呼び起こした一因は、全世界に蔓延する新型コロナウイルスの感染拡大にあった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧