開幕延期の恩恵にあずかれる数少ないプロ野球選手たち

タグ: , , 2020/5/15

 本人たちがはっきりと口にすることはないだろう。ただ客観的に見て、今回の新型コロナウイルス感染拡大の恩恵にあずかれる数少ないプロ野球選手たちが存在するのも確かだ。

・今すぐ読みたい→
メジャーリーグが「登録ポジション」についてルール変更!二刀流完全復活に挑む大谷翔平が受けるメリットとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-complete-resurrection/





 その最たる例がエンゼルスの大谷翔平投手。2018年10月に全治1年以上となる右肘のトミー・ジョン手術を受けた。2019年は打者に専念し、迎えた2020年は投打二刀流の復活が待たれている。

 ただし、リハビリ過程の難しさでよく知られるトミー・ジョン手術である。復帰を急いだことや、復帰後にすぐギアを上げることで、再手術に追い込まれてきた選手は数多い。


 大谷の投手復帰も、今季開幕からではなく、5月中旬以降を目標とされてきた。

 大リーグは現在、オーナー会議で7月上旬の開幕を決議。当面は無観客での開催となるため、大幅な収入源を賄うべく、球団や機構サイドと選手会が年俸交渉を行っている。球団側の主張は、収入を球団と選手側で折半するというもの。選手会側がこの案をのめば、7月上旬開幕がいよいよ現実的になってくる。

 すなわち、大谷の投手復帰は早くても7月上旬以降、というのが現在地だ。

 コロナ騒動がなく、5月中旬に復帰していた場合でも、投手としての起用には制限がかけられていた見込みだ。1試合あたりの投球数、登板間隔、またシーズン通しての投球イニングや投球数など。現時点でもシーズンは最大でも82試合前後と、従来の162試合から半減することが確定している。1試合あたりの投球数や登板間隔といった制限は引き続き残るが、シーズン通しての制限はほとんど引っかからないのではないか。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧