メジャーリーグが「登録ポジション」についてルール変更!二刀流完全復活に挑む大谷翔平が受けるメリットとは

タグ: , , 2020/2/1

 ルール変更によるメリットを誰よりも受けるのは大谷でありエンゼルス。メジャー公式HPは「ルール変更でどのように大谷の価値は増加するか」という見出しを付け、2020年シーズンから新たに導入される「二刀流」というポジションの価値を説いた。

二刀流の導入により、大谷が受けるメリット


 従来の日米プロ野球では出場選手は投手、捕手、内野手、外野手の4つの登録ポジションに分類されてきた。大谷は日本ハムでも、メジャー移籍後も、登録ポジションとしては「投手」だった。各種メディアの表記も、野手として活躍した試合結果を報じる時でも「大谷翔平投手」としていた。そこに大谷の活躍により、新たな登録ポジションが加わる。

 二刀流の導入により、まず大谷が受けるメリットがリハビリ過程となりそうだ。大谷は2018年10月に、全治1年以上となる右肘のトミー・ジョン手術を受けた。それにより、2019年は一度も登板せず、野手一本に専念した。右肘のリハビリ、強化プログラムは、術後1年以上が経つ今も継続されており、2020年の開幕はまだ野手一本で、投手としてはマイナーでリハビリ登板を重ねていくことが濃厚となっている。

 ビリー・エプラーGMは、その過程に「二刀流」というポジションが生むルール変更が生きると説く。従来のルールならば、大谷がマイナーでリハビリ登板をするためには、負傷者リスト(昨季までは最低でも10日間。今季から投手は15日間に変更)に入れて、一定期間はメジャーの出場選手登録枠を外れる必要があった。

 だが同GMはMLBネットワークのラジオで「マイナーでリハビリ登板をし、我々が使おうと思えばその翌日にでも野手としてメジャーの試合に出場することができる」と説明した。メジャーの打席で野手として出場しながら、マイナーのマウンドでメジャー復帰に必要な投手としての筋力や試合勘を取り戻す作業を、同時並行していけるというわけだ。

・今すぐ読みたい→
元対戦コーチが語る大谷翔平のポテンシャル(前編) 「メジャーで三冠王狙える」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-potential-01/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧