対戦チームの元コーチから見た大谷翔平の強さと弱点 (後編)

タグ: , , 2018/11/13

 メジャーリーグの2018年新人王にエンゼルスの大谷翔平が選出された。

流行語大賞に「翔タイム」がノミネートされるなど、2018年日米野球界に大きな衝撃を与えた。「球界の至宝」と言われる大谷翔平について、今季まで埼玉西武ライオンズの作戦コーチを務め、来季から東京ヤクルトスワローズの二軍チーフコーチに就任する橋上秀樹さんに解説してもらった。

・合わせて読みたい→
元対戦コーチが語る大谷翔平のポテンシャル(前編) 「メジャーで三冠王狙える」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-potential-01/)

対戦チームから見た大谷翔平の強さと弱点


 同じパ・リーグにいて、相手チームとして対戦してきたけど、本当にすごい選手ですよね。まさに100年に一人の逸材。正直言って、これが弱点というのが見える前にアメリカに行っちゃったから、対策できないままでしたね(笑)。

彼の強さの秘訣は、まずは体が大きいということ。今まで日本人は190cm以上の身長はバランスよく使いこなせない、大成しないと言われてきたけど、岩隈なりダルビッシュがそれを覆してきてくれた。大きいということは、つまり手足が長い。手が長いというのは、使い方が上手ければ遠心力を使えるんですよ。遠心力が強ければボールに力が乗る。長い分だけ扱いが難しいし、バランスを取るのが難しいのは事実なんですけど、大谷はあの体を非常に効果的に使っている。

投げることにしても、打つことにしても。体が大きいことは有利なんだけど、体の使い方は教えられるものではないので、上手く使いこなせる日本人がやっと出てきたという思いですね。自分自身の体の使い方をよくわかっているなと思いますし、大谷は体格的にはメジャーリーガーに引けを取らないし、メジャー全体の中でも良い体をしていますね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧