ノムラID野球の名参謀がヤクルト復帰 「首脳陣に大切なことは首から上」

タグ: , , 2018/10/31

 2018シーズンをセ・リーグ2位で終えたヤクルトスワローズの首脳陣に強力な助っ人が加入する。衣川篤史1軍バッテリーコーチ、橋上秀樹2軍チーフコーチ、松岡健一2軍投手コーチ、福川将和2軍バッテリーコーチが新たに加わる。

橋上氏は現役時代をヤクルト、日ハム、阪神で過ごし、引退後は楽天、巨人、西武、日本代表でコーチを務めた。野村監督や原監督、辻監督を支えた名参謀だ。23年ぶりに古巣に復帰する橋上氏に話を聞いた。

・合わせて読みたい→
「前年王者ソフトバンクをも飲み込むマツダスタジアムの雰囲気」西武前作戦コーチ・橋上氏が語る日本シリーズ2(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-interview-02/)

今回のチーフコーチは、一軍、二軍両方の役割、使命を再認識する良い機会


——23年ぶりのヤクルト復帰
「もうヤクルトに戻ることはないのかなと思っていたし、正直ヤクルトのOBという意識も薄れていました(笑)。小川監督とか高津二軍監督、宮本ヘッドコーチとも現役時代に一緒にプレーしていますし、懐かしいですね。クラブハウスが改修するということなので、どんな感じなっているのか非常に気になります。神宮球場は交流戦で行っていましたけど、クラブハウスには行くことがないので、楽しみですね。」

——二軍のコーチはほぼ初めて?
「プロ野球のコーチを10年以上やっていますけど、二軍のコーチは初年度の楽天で3ヶ月間くらいしか経験したことがなくて。経験はあまりないですけど、不安はないです。非常に楽しみですね。」

「よく言われるのが、一軍は勝ち負けにこだわって、二軍は勝つことよりも育成を第一にという事。でも、一軍であろうが、二軍であろうが、勝つことを大前提に闘うのは同じです。勝つ過程での育成というのが本来のものだと思うんですね。勝敗を度外視しての育成というのはプロ野球としてどうなのかなと思います。ただ、一軍ほど勝敗に神経をすり減らさなくて良いので、今まで勝ち負けにこだわって『このピッチャーをどう攻略するか』とか『相手チームからどうやって勝ち星をとるか』とか、目が悪くなるくらいパソコンと向かい合っていた生活が変わるので、少しは視力が回復するかもしれないですね(笑)。」

——一軍コーチを歴任してきましたが、二軍コーチはどういった思いで?
「色んなものを見つめ直さないといけないなと思っていた時期に頂いた話。去年あたりから、自分自身が傲慢になっている部分や、コミュニケーション不足だったところもあるなと感じ始めていました。なので、去年までの自分なら二軍と言われたら抵抗があったと思いますけど、今年に関しては二軍というのをある意味望んでいたというか、自然と受け入れられました。西武で3年間やってみて、改めて選手との接し方、監督コーチとの接し方を考えるいい機会になりましたね。なので、自分自身やコーチとしてのあり方を見つめ直すためには、二軍コーチというのは非常にいい機会だと捉えています。若い選手と灼熱の戸田で汗を流していきたいですね。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧