【前編】中野友加里が選出!ベストステップスケーター「お手本のようなステップをする選手」

タグ: , , 2021/5/31

 フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんがフィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

同チャンネルではこれまで、フィギュアスケートの専門的な部分から裏側、さらにはメイクの解説など、コアな部分も多く配信されていることから、スケートファンの間で大きく話題となっている。

その中でもファンからの反響が多かったのが「ベストジャンパー」「ベストスピン」といった企画。今回その第3弾として「ベストステップ」選手が発表された。

・今すぐ読みたい→
4回転アクセル習得を目指す羽生に中野友加里「4回転アクセル無しでも勝てる選手」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-talks-about-yuzuruhanyu-2/

苦手だったステップは・・・


自身は現役時代スピンを得意としていた中野さんだが、ステップに関してはどうだったのだろうか。

「ステップのなかにいくつか種類があるのですが、私はこの中で1番苦手だったのが、ツイズルですね。左回転は元々スピンやジャンプで回っているので、大体は上手く行くのですが、反対も同じようにできないといけない。なので、右回転も必ず練習しないといけないんですが、それが凄く苦労しました。いつも回数を少なくして行っていたので、ツイズルとみなされていたかどうか、というところなんですが・・・。これがツイズルにみなされないと、ターン扱いになってしまい、レベルが落とされてしまう可能性もあるので、そういった部分でもツイズルを凄く練習していました。」





お手本のようなステップ

今回もスピン同様、順不同で6人を選出した中野さん。前編ではその中の3人が発表されているが、まず選ばれたのは、あの五輪メダリストだ。

「1人目は、パトリック・チャン選手です。スケーティング自体も素晴らしかったんですが、そのスケーティングの技術を活かしたステップシークエンスは、目を見張るものがありました。あの深いエッジ、カーブに乗って、思い切り靴を倒してというのは彼の持ち味ですよね。演技の中に、本当に作品のように刻まれるステップでした。沢山ある中でも、『ラフマニノフ』『アランフェス』『ショパン』は、クラシックの中でも彼のスケーティングやステップが凄く生きていました。スケートのお手本のようなステップをする選手だったなと思います。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧