悩める中田翔、「救世主」となるのは、あのメジャーリーガーだ!

タグ: , , , 2021/5/25

 日本ハムの主砲・中田翔内野手(32)が、もがいている。今月17日には二軍降格。栗山政権下で故障以外で二軍落ちは初めてとあって、チーム内外で大きな注目を集めている。

・今すぐ読みたい→
清田コロナ不倫解雇、清原薬物・・・球界の「キヨ」に続く災いにSNSでは「清宮、大丈夫?」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kiyo-is-included-in-the-surname-disaster/



 原因は開幕からなかなか調子が上がらない打撃の状態にある。ここまで35試合に出場し、本塁打4本の1割9分7厘。本人が抱えるストレスの深刻さを示したのが、「青アザ事件」だった。開幕直後の4月7日のソフトバンク戦で試合途中に三振すると、バットをたたき割り、ベンチ裏で転倒。右目付近に青アザを抱えたとあって、チームを引っ張る主砲のあまりの自覚のなさに栗山監督も激怒。途中交代を命じて、翌日の試合も欠場となった。ただ、その後は首脳陣も4番を外し打順を下げるなど気持ちの負担を減らそうと試みたが、浮上することはできていない。

 一方、悩める主砲を気遣う声はSNS上にも飛び交っている。「少しゆっくり休んでください」「考えすぎないで」など、心配する声は多いが、そんな中で日本ハムOB、現在サンディエゴ・パドレスに在籍するダルビッシュ有投手(34)の存在に注目が高まっている。ダルビッシュと中田といえば「師弟関係」で知られる。プロ入り当初からチーム練習に遅刻するなど自覚が足りなかった中田に対して、ダルビッシュは野球に向き合う姿勢を繰り返し伝えてきた歴史がある。海を渡った今でも交流は続いており、2019年にチームがアリゾナキャンプを行った際には、他のナインとダルビッシュ邸を訪問。食事を共にし「いつまでたってもダルさんはスターです!いい話も聞かせてもらい沢山勉強できました!俺ももっともっとスケールのでかい人間になりたい!」と自身のSNSに記したことも。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧