Bリーグオールスタープレーヤーに聞いた、シーズン前半戦のMVP

タグ: , , 2020/1/30

 1月29日にBリーグ第20が行われ、シーホース三河と川崎ブレイブサンダースが対戦した。Bリーグの中継や見どころなどを紹介する「BS12水曜バスケ!」では、実況に田中大貴さん、解説に日本代表の元ヘッドコーチ長谷川健志さんを招いて同ゲームを中継。


三河はエースの金丸晃輔、好調の森川正明、川崎は篠山竜青、ジョーダン・ヒースが不在の中、ダバンテ・ガードナーが34点、ニック・ファジーカスが40得点と大暴れ。終始、三河が僅差でリードしたが、最終クォーターに川崎が猛攻を仕掛け68-71と逆転。するとすぐさま、三河の熊谷航が値千金の3ptシュートを決め、流れをたぐり寄せる。その後は1点を争う息を呑む展開が続いたが、ガードナーや熊谷の活躍により三河がシーソーゲームを制した。

解説の長谷川さんは「最後までクロスゲームになった。共にスコアラーがしっかり点数を取って、お互い自分たちのいいところを出した。三河の方が、熊谷など若い選手の思い切った3ptシュートが大事なところで決まったのが大きかった」と、勝負強さを評価した。

三河は、1月は6勝1敗。一方の川崎は3勝4敗で、今シーズン初めて月間で負け越すということになった。三河は今シーズン水曜日負けなし。不敗神話は終わらせない。

・今すぐ読みたい→
渡邉拓馬が見た、アルバルク3連覇の可能性は…?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/alvark-tokyo-possibility-of-3-consecutive-wins/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧