名刺ネット転売に新庄監督が怒った!球界からも「売るくらいなら燃やして捨てて」

タグ: , , 2022/1/26


 日本ハムのビッグボスこと新庄剛志監督が怒った。25日、インスタグラムで、自身の「名刺」がネットのフリーマーケットなどで販売されていることに落胆した。出品された名刺が並べられた画面のスクリーンショットを投稿し「なんか寂しい気持ちになりますね」とコメント。3万9800円という高額で転売されているものもあり「勘弁してよ」と怒り顔の絵文字を添えて、不快感を露わにした。

・今すぐ読みたい→
清宮でもなく木田二軍監督でもない 新庄ビッグボス的「No.1ダイエット」の称号を得た「あの選手」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-no1-diet-player/



 普段は温厚なビッグボスも、見過ごすわけにはいかなかった。ビッグボスと書かれた名刺の出どころは仕掛け広告によるもの。24日、札幌駅前の地下通路に新庄監督の巨大広告がお披露目され、監督の名刺4000枚を自由に持ち帰れるようにしていた。ファンの笑顔見たさに配った名刺が、多数ネット出品されている現状を嘆いた。

 有名選手のグッズ転売は後を絶たない。20年1月、ロッテは新人合同自主トレ初日に、佐々木朗希投手の即席サイン会を開催。寒いなか、ZOZOマリンスタジアムに駆けつけてくれたファンは感激していたが、サイン会終了の10分後にはネット上に出品されていた。「サイン会がやりにくくなる。本当にやめてほしい」と企画した球団スタッフは肩を落とした。





 我慢ならず声をあげる選手やOBもいる。巨人やレッドソックスで活躍した上原浩治氏は、自身のサイン入りスパイクが出品され「このようなことをされるとプレゼント企画とかをしたくなくなるので、やめていただきたいです。誰とか人探しをしたくないので、皆さんの良心でお願いします」とツイッターで警鐘を鳴らした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧