コロナ禍に揺れる移籍市場 来シーズンは何人の日本人選手がメジャー挑戦を叶えられるのか

タグ: , , 2020/12/24

 果たして何人が海を渡ることができるのだろうか。ポスティングシステムを申請し、メジャー挑戦を目指している選手たちの交渉期限が、刻一刻と迫ってきている。

・今すぐ読みたい→
プロ野球ドラフト伝説 「外れ1位」から大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/draft-miss/



 真っ先に申請した日本ハム・有原航平投手の交渉期限は、米東部時間12月26日午後5時(日本時間27日午前7時)まで。日本ハム・西川遥輝外野手は米東部時間で来年1月2日午後5時(日本時間3日午前7時)まで。巨人・菅野智之投手は米東部時間で来年1月7日午後5時(日本時間8日午前7時)までとなっている。

 なにしろ今年のメジャーリーグのFA市場は動きが遅い。これは新型コロナウイルスの感染拡大が大きく影響している。日本だけでなく、米国も現在第3波が襲っており、感染者数の伸び率は日本とは桁違い。毎日平均で20万人以上の感染者が出て、累計1800万人を超えている。いつロックダウンされてもおかしくない危機的状況が続く。

 ロックダウンされれば、来季のレギュラーシーズンにも大きな影響が出る。まずキャンプの開始が遅れることが予想される。必然的に開幕も当初予定の4月1日からずれ込み、通常の162試合開催が困難になる。そうした不透明な状況が、各チームの補強の足かせになっている。総試合数はもちろん、どんな日程でシーズンが進んでいくのかは、チームの布陣を組んでいく上で重要な要素だからだ。





 またそのコロナの影響で、日本のセ・リーグだけでなく、メジャーのナ・リーグでもDH制導入問題が宙に浮いている。今季はレギュラーシーズンを60試合に短縮し、全試合無観客開催とした上で、選手の負担軽減へナ・リーグでも初めてDH制が導入された。それを継続するのか、否か。チームの布陣はそこに大きく左右されるため、DH制の行方が固まれなければ、補強方針もまとめられない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧