「お前もったいないなあ」橋上秀樹が浅村栄斗に送ったアドバイスとは

タグ: , , 2020/8/26

 開幕から上位をキープし、現在首位と2.5ゲーム差の3位につけている楽天。そんな好調チームの打撃陣を支えているのが、浅村栄斗だろう。昨年オフにFA権を行使し、今年、西武から楽天へ移籍。開幕からほぼ全試合で4番に座り、現在ホームラン、打点王争いを繰り広げている。そんな浅村だが、かつて自身の打撃スタイルを変えるきっかけとなった人物がいるという。それが昨年まで在籍した西武でかつてコーチとして指導を受けていた橋上秀樹さんだ。

その橋上さんが、元フジテレビアナウンサーでスポーツアンカーの田中大貴が様々なスポーツ選手・解説者等を迎えてトークを広げるYouTube「田中大貴のアスリートチャンネル」にゲスト出演。

西武時代、浅村に送ったアドバイス、そして彼のもつポテンシャルについて語った。

・今すぐ読みたい→
プロ野球 神ドラフト史!出世順位の「西武ドラ3」の面子が凄すぎる https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seibu-lions-3rd-draft/






「お前もったいないなあ」の一言で・・・


チャンネルには、フリーアナウンサーで、浅村の妻・淡輪ゆきさんも出演。

淡輪さんによると、浅村は橋上さんのある助言のおかげでホームランを増産できたという。

「彼(浅村)いわく、橋上さんの『お前もったいないなあ』の一言で変わったと言います。そこから、スタンスが広すぎたり、ミートする瞬間の力のインパクトの入れ方がちょっと違うというアドバイスをいただき、そこからきっかけがつかめたという話をしていました。」

と、夫婦揃って橋上さんに感謝しているという淡輪さん。

これに対して橋上さんはこう話している。

「確かに僕も、スタンスの話だけ凄く覚えています。最初私が楽天のコーチをやっていた時、まだ浅村は対戦相手でした。そこから西武に入って自分のチームの選手を見ていると、ここさえ修正すればもっとホームラン打てるなというのが見えてきました。それをちょっとアドバイス的に話をしたんですが、それを頭に入れてくれていて試してくれているなら凄くありがたいですし、嬉しいですね。」

その言葉通り、浅村の長打率を橋上さんの西武コーチ就任前後で比較すると、.385→.510と確実にアップしている。

具体的に、橋上さんは浅村に対し、どんなアドバイスを送ったのだろうか。

「スタンスを狭くさせました。彼は元々体割りにスタンスが広かった。それに加えて腰の回転がちょっと鈍かったんです。なので、打球の角度が得られていなかったのが、スタンスを狭くし、軸回転にすることで打球の角度が上がり、ホームランが出るようになったのかなと思います。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧