野村ID野球の申し子・橋上秀樹が語る、楽天・三木イーグルスのおもしろさ

タグ: , , 2020/8/16

 開幕からスタートダッシュに成功し、首位争いを繰り広げている東北楽天ゴールデンイーグルス。昨年まで二軍を率いていた三木肇監督が一軍監督に就任し、改革を進めている。今シーズンの好調ぶりについて、「野村ID野球の申し子」として、楽天、巨人、西武などでコーチを務めた橋上秀樹氏に話を聞いた。

・今すぐ読みたい→
元巨人・斎藤雅樹がロッテ・佐々木朗希を分析「僕は絶対に預からない」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-talks-about-roukisasaki/

誰も考えない采配だからこそチャンス


現在(8月13日)、楽天はチーム打率、得点、安打数、本塁打数リーグ1位と、打撃陣の活躍がめざましい。

「打線は元々いいと思っていたので、想定内です。浅村(栄斗)やロメロ、茂木(栄五郎)などの中心バッターが機能していることが大きいですね。浅村はもちろん、その前後を打つ選手も調子が良く、チャンスで浅村に回ってくることが多い。浅村も得点圏でよくランナーを返しています。彼は西武時代から点を取るためのバッティングをよくわかっていますからね」(橋上)

投手陣では期待された則本昂、岸孝之、松井裕樹の調子が振るわず、先発に転向した松井に代わってクローザーを任された森原康平の救援失敗など乱調気味だ。





「則本、岸、松井、この3人が本来のピッチングを取り戻して貯金を作っていかないといけないですね。しっかり仕事をしているのが涌井秀章を筆頭に、塩見貴洋、弓削隼人くらい。僕の中では4番手、5番手くらいに考えていたピッチャーが頑張っています。クローザーに関しては、個人的にブセニッツの方が後ろの適性があると思っていました。森原も比較的ちゃんとやっていたと思いますけど、抑えの経験がないので、1、2回失敗した時に首脳陣としては早めに配置展開をすることになるでしょうね。DeNAは山崎康晃の状態が良くなくても、なかなか変えなかったですからね。そういうところはクローザーとしての実績の問題だと思います」(橋上)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧