田中大貴さんが見たBリーグ・日本バスケ界の底力と未来(前編)

タグ: , , 2020/4/28

 2020-2021シーズンに向けて動き出した、5シーズン目のBリーグ。2019-2020シーズンは新型コロナウイルス感染拡大によりリーグ途中での中止を余儀なくされたが、心機一転、東西2地区20チームによる新体制で10月の開幕を目指す。





また、東京2020オリンピックの開催延期も決定するなど、不測の事態に見舞われたスポーツ界。

そんな中でも、選手の生リモートインタビュー配信など、話題性のある企画を発信し続けるバスケットボール界について、「水曜バスケ!」のMCを務めるスポーツアンカーの田中大貴さんに話を聞いた。

・今すぐ読みたい→
田臥勇太が考える、日本バスケが強くなる方法は…?元日本代表の渡邉拓馬さんとスペシャル対談 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yutatabuse-takumawatanabe-conversation-2/


残念ながら、Bリーグ4シーズン目は中止となりました。

田中:非常に早い判断で、勇気ある決定だと思います。そして、選手会と話し合って決めたということはとても意義のあることだと思います。ファンの観点からすると非常に残念ではありますが、誰が悪いというわけでもないので。たぶん、こういう状況になった次のシーズンは、とてもドラマチックになると思います。シーズンが中止になってしまったからこそ、その熱量は次のシーズンで爆発すると思うので、今はパワーを溜めて次のシーズンを全力で楽しみたいですね。

2020-2021シーズンのB1は東西2地区制で行われることが決まりました。

田中:変則的に対応できるのはすごいですよね。他のプロリーグでは考えられないこと。フレキシブルに、しかも早い段階で判断して調整できるのはBリーグのフットワークの軽さの現れだと思います。まだまだ成長段階であって、今後新しい仕組みを作っていく段階ではありますが、状況に応じて対応していく行動力とかは本当に素晴らしいですよね。2リーグ制にすることで、今までとは勢力図も変わりますし、シーズンの展望も変わってきます。そこらへんも楽しみなところですね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧