矢野阪神 泥沼7連敗!ささやかれる「指揮官の差」とは

タグ: , , , , , 2022/8/17

(C)CoCoKARAnext

 阪神は16日のヤクルト戦(神宮)に3ー5と敗れ、今季2度目となる泥沼の7連敗。5位に転落した。

 先発はエース・青柳。今季はヤクルト相手に2完封をやってのけるなど「連敗ストッパー」としての期待がかかったが、そこに待ったをかけたのが高津采配だった。

【関連記事】田中幸雄が選ぶ「現役パ・リーグ最強のショート」は?源田、今宮の2強に次ぐ存在として「紅林は楽しみ。バッティングも良くて肩も強い」






 ヤクルト・高津監督は難敵、青柳攻略のためにこの日は思い切って左打者を並べた。今季2度の対戦も左打者を並べていたが「3度目の正直」。不動のリードオフマン、塩見、山田といったレギュラー陣を外す思い切った起用で、青柳攻略につなげた。

 2回の得点シーンも青柳の特徴をよく分析していた。先頭の村上が四球で出塁すると続く宮本は犠打で青柳にプレッシャーをかける。青柳はこの打球を一塁へ悪送球するミス。無死一、二塁とすると、続く中村も犠打を敢行。今度は一塁を守っていたロドリゲスが捕球し、三塁へ送球するが、セーフとなり野選となった。ノーヒットで無死満塁の形を作られた青柳は、続く丸山和の遊ゴロの間に1点を失った。

 この場面についてはこんな声もあがる。

 「守備時の送球が不安定な青柳が確実性を求めて、ワンバウンド送球を行うというのは知られた話。その弱点を分かった上でチーム全体でプレッシャーをかけ、得点につなげた。チーム全体の意思を感じた」(球界関係者)

 結局、青柳は4回4失点で降板。ヤクルト・高津監督は「研究、勉強した結果。よく攻略したと思います」とタクトに応えたナインをたたえた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧