大谷翔平ではなく「満場一致でジャッジがMVP」と大物記者が論争に参戦!大谷支持の アナリストは反論「価値があるのはショウヘイだ」

タグ: , , , 2022/8/16

(C)Getty Images

 今シーズンのア・リーグMVPに相応しいのは、大谷翔平か、それともアーロン・ジャッジか。度々持ち上がるこの議論に、今回は米メディア『USA TODAY Sports』の大物記者が参戦した。

【動画】被打率.093のカーブを捉えてフェンス越え!大谷翔平の打撃センスを感じさせる26号アーチをチェック!






 メジャートップの46本塁打を放っているヤンキースのジャッジを推すのは、同メディアのボブ・ナイチンゲール氏だ。同氏は「ジャッジがア・リーグのMVP受賞者であり、接戦でもない。MVPは最高の選手の賞ではなく、最も価値のある選手の賞だ。最高の選手にMVPを与えるのならば、バリー・ボンズはほとんどの年でMVPを獲得していただろう。ジャッジが満場一致でMVPだ」と宣言。もはや議論の余地などない、と言わんばかりの論調でジャッジのMVP受賞を支持した。

 しかし、この意見に”大谷派”で知られる『FOX Sports』のアナリスト、ベン・バーランダー氏が猛反発。ナイチンゲール氏のツイートに「どうやって“価値がある”かを測る? チームにとって価値があるもの?」と投げかけたうえで、「1か月以上に渡って、エンゼルスはショウヘイが投打で出場したときだけ勝っていた。それが価値だ。野球にとって価値がある? ああ、それはショウヘイのことだ。この男は両方をエリートレベルでこなしている。これは驚くべきことであり、彼こそがMVPだ」と大谷を推したのだ。

 大谷はベーブ・ルース以来104年ぶりとなる2桁本塁打&2桁勝利の偉業を達成したものの、チームはア・リーグ西地区4位に沈んでいる。一方のジャッジは本塁打数に加え、100打点、OPS1.076もメジャートップで、なおかつア・リーグ東地区首位のヤンキースを支えている。ナイチンゲール氏は、こうしたチーム成績を理由にジャッジを推しているわけだが、そのチーム成績を考慮から外し、個人のパフォーマンスにフォーカスして選ぶのがMLBのやり方でもある。

 果たして、どちらのスーパースターがMVPに輝くのか。二刀流という世紀の才能が存在するからこそ生まれるこの論争は、シーズン終了まで、まだまだ続きそうだ。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】大谷翔平の”神対応”に「感激のあまり泣き叫んでいた」とコレアも感銘!14歳妹への誕生日サプライズで見せた一流の人間性
【関連記事】新庄ハム 「首切りリスト」作成か 「懲罰交代」続々で戦々恐々とする「選手の名」
【関連記事】阪神・サトテル 貧打以上に深刻な「問題点」 厳しい目が注がれる「理由」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧