立浪中日 最下位からの逆襲ポイントは? 注目される「打順の固定」「二遊間問題」とは

タグ: , , , 2024/6/20

立浪監督がいかにチームを導いていくかも注目となる(C)TakamotoTOKUHARA/CoCoKARAnext

 中日は交流戦で貯金を作ることができなかった。

 交流戦18試合で7勝11敗、借金は今季最多の「6」と膨らみ、ヤクルトと同率の最下位に転落した。33得点は西武に次いでワースト2位と得点力不足が課題となる中、21日からのリーグ戦再開に向け、どのような手でチーム浮上を目指すのか立浪和義監督の手腕も改めてクローズアップされそうだ。

【動画】中日の”4番”が渾身の一発!中田翔が開幕戦で放った豪快弾を見る





 注目されているのは打順にもある。開幕して単独首位に立つなど、好調だった4月当初は「1番・三好」「2番・田中」を固定、クリーンアップの高橋周平から中田翔、細川成也と中軸につなぐ打順が機能していたが、チームの不振に伴い、日替わり起用となっているのも気になるところ。

 交流戦最後の6試合は打撃好調なオルランド・カリステが先発で1番を務めた試合が5試合、一方、2番打者は岡林勇希が2試合、板山裕太郎、福永裕基、アレックス・ディカーソン、田中幹也がそれぞれ1試合ずつと、1、2番が固定できないことで流れが呼び込めないことも響いている。

 チームで現在状態がいいカリステはここまで5本塁打をマークと長打力もあわせもっているとあって、クリーンアップ候補ともいえる。オーダーの「最適解」を探す時間が続きそうだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧