【現役引退】引退を決断するタイミングっていつ?ソフト史上最高の打者・山田恵里と鉄平が体験談を吐露!【独占取材/その4】

タグ: , , , , , , 2022/10/5

 2008年の北京五輪、そして昨年の東京五輪ソフトボールで金メダルを獲得した山田恵里。今季限りでの引退を発表した名手は、その偉大なキャリアを通して何を経験し、感じてきたのか。2009年にパ・リーグ首位打者に輝いた元プロ野球選手の鉄平氏を論客に迎え、「ソフト史上最高の打者」に様々な話を聞いた。締めくくりとなる最終回は、「現役引退」と「切り替え」ついて。歴史に名を残した偉大な打者の言葉に耳を傾けよう。

【関連記事】【現役引退】「見るたびに泣く」ほど感動した巨人・亀井のサヨナラ3ラン!山田恵里と鉄平が「印象に残ったシーン」を回想!【独占取材/その3】






ーー山田恵里選手は、先月に今季限りでの引退を発表しましたが、なぜこのタイミングだったのでしょう?

山田 オリンピックが終わったタイミングで、「やりたいのか」「やりたくないのか」が見えてくるのかなと思ったんですけど、終わった瞬間は全く見えなくて、昨年のシーズン終わった段階でも「まだ選手としてやれるな」と思って続けたんですけど、今年に入って「もう選手として突き抜けた結果を出せないんじゃないか」と思ったことと、あとはもう完全に悔いがなく、やりきったと思ったので決断をしました。

ーー鉄平さんが引退したのは7年前ですが、改めて当時の心境を教えてください。

鉄平 やっぱり需要がなくなったのが一番ですよね。それに、最後にちょっと大きめの足の怪我をして、スピードが出なくなった。自分はバッティングとスピードが売りの選手だと思っていたので、その一つが大きく欠けてしまった時に、そこまで現役にこだわる必要はないかなと思いました。プロ野球にこだわらなければ、何か別の道もあったかもしれないですが、考えませんでしたね。思い描いたプレーと程遠いプレーしかできない自分になってしまうのが、もう辛すぎたというか。なので、結構早い段階でしたけども、引退しました。32歳か33歳の頃でした。バッティングでコンタクトすることだけは、最後の2015年にちょっと戻ったんですよ。ただ、今言った通り、足の大きな怪我をして、打ったら足を引きずって一塁まで行くような状態だったので、野球を続ける意味があるのかなと思って引退を決めました。

ーー調子が悪い時はどう対処していましたか?例えば、打てなかった試合の後の気持ちの切り替え方などは?

鉄平 なぜ打てなかったのかを考えて、考えてもどうしようもないところは気持ちを切り替えるために時間を使いますね。次の日には、ある程度気持ちを切り替えなければいけないですが、そのための時間が必要なくらいメンタルにダメージを負う試合はありましたよ。

ーー山田選手は、東京オリンピックの時に気持ちを切り替えて結果を出しました。過去に、そうした切り替えの重要性を感じた経験はありましたか?

山田 あそこまで絶望的になったことはないんですけど、やっぱり打てないと悔しいですよね。試合の中でヒット1本じゃ許せなかったりします。特に20代の頃は、最低でも2の1か、3の2か、それ以上じゃないと嫌だったので、それができなかった時は自分に腹が立っていました。でも、引きずってはいけないので、次の日にもスイングするんですけど、それまでにはしっかりと切り替えるようにはしていました。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧