【現役引退】ソフト史上最高の打者・山田恵里を鉄平が直撃!「打てなかった時はどうするの?」巧打者のスランプ脱出法とは【独占取材/その1】

タグ: , , , , , , 2022/10/2

 2008年の北京五輪、そして昨年の東京五輪ソフトボールで金メダルを獲得した山田恵里。今季限りでの引退を発表した名手は、その偉大なキャリアを通して何を経験し、感じてきたのか。2009年にパ・リーグ首位打者に輝いた元プロ野球選手の鉄平氏を論客に迎え、「ソフト史上最高の打者」に様々な話を聞いた。

【関連記事】【現役引退】イチローに救われた東京五輪ーーレジェンドの凄みをソフト史上最高の打者・山田恵里と鉄平が熱弁!【独占取材/その2】






ーーソフト史上最高の打者と言われた山田恵里さんと、2009年のパ・リーグ打者に輝いた鉄平さん。お二人は左打ちの好打者という共通点もあり、今回の対談を企画しました。

鉄平 はじめまして、よろしくお願いします。

山田恵里 よろしくお願いします。

ーーお二人とも、これまで”打てる話”はたくさんしてされて来たと思いますので、今日は”打てなかった話”から聞かせてください。

山田 2016年の世界選手権は全然打てなかったですね。その時はガラッと打撃のフォームを変えました。

鉄平 打てなかった時期は、2016年頃に1度あったくらいですか?どんな感じで変えたんですか?

山田 それまではピッチャーに顔を真っすぐ向けたくて左目でボールを見てたんですけど、右目で見るように変えました。構える位置も下げて、足がつくタイミングも少し遅らせましたね。あとは、重心の位置も変えました。それまでは、「前が3」で「後ろが7」くらいだったのを、「後ろが10」の「前が0」くらいの意識に持って行きました。

鉄平 それは結構ですね。

山田 その時は変えるタイミングだなと思いました。もう元の形に戻すことはできなかったので、だったら変えちゃった方がいいなと。

鉄平 なるほど、それくらい思い切って変えた方が良かったんですね。僕は打てなくなった時に、前のバッティングフォームにこだわりすぎたんですよね。何とかもう一回、良い時の打ち方に戻そうとアプローチをしていたら、自分がどこに行ってるか分からなくなった。そうやって思い切って変えたら良かったんですね。

ーー鉄平さんは、バッティング不振の原因は”お尻の入れ方”が原因だった、と引退後に自己分析していましたね。

鉄平 ヒップファーストじゃないですけど、そういう形で打ちにいくことで出力を出していたんです。それを無意識にやっていたので、なくなってることに気付かなくて、違うところで力を出そうとして色々と不具合が起きた感じでした。

山田 ヒップファーストって右のお尻ですよね。

鉄平 そうですね。右の尻から前に出ていくっていうようなイメージです。ピッチャーの動作でよく使われる言葉ですけど、打撃でもピッチャーほどではないですけど関係があるんです。それが自分の中では特に大事な力の出し方だったんですが、当時は気付けませんでしたね。

山田 ヒップファーストって頭の位置も前にズレるんですか?

鉄平 若干はズレますけど、そこまでではないです。ざっくり言えば、その場にいて股関節だけ動く感じですね。お尻から強くぶつかって勢いを出します。ただ、本当に厄介なことに当時の自分は腕に力が入ったりとか、上半身から入ったりとか。そうなったらバッティングってダメ。それもあって、打てると思った球を空振りしたり、打てていた球が全然前に飛ばなくなったり。打席の中でもパニックだらけで大変でした。特に2011年は、打率1割ぐらい落ちましたから、もう違う人でしたね。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧